脱毛ポリス > 脱毛クリームの効果や使い方は?デリケートゾーンにも使えるおすすめも紹介

脱毛クリームの効果や使い方は?デリケートゾーンにも使えるおすすめも紹介

脱毛クリームの効果や使い方は?デリケートゾーンにも使えるおすすめも紹介のイメージ

脱毛クリームはデリケートゾーンも使える?効果や使い方をおさらい

自宅でのムダ毛ケアといえば、カミソリや毛抜きなどが一番に思いつく方法でしょう。しかし昨今では、他にもいろいろな方法がチョイスできますよね。ブラジリアンワックスや家庭用の脱毛器まで。

その中でも痛くない、手軽、コスパがいいとして「脱毛クリーム」もひそかに人気なアイテムです。脱毛クリームをこれから使ってみようと考えている方には、本当に効果があるの?使い方って難しくない?と気になる点が盛りだくさんでしょう。

そこで今回は脱毛ポリス編集部が、脱毛クリームに関していろいろと調べてみました!どんな仕組みになっているのかから、脱毛クリームの注意点まで、しっかりと解説していくので是非参考にしてみてくださいね。

脱毛クリームのメリットとデメリット

まずは脱毛クリームを使うことによって、どのようなメリットデメリットが考えられるのか、といった点から見ていきましょう。普段のケアより便利なのか否か、気になるとことですよね。

見えているムダ毛を溶かして除毛

脱毛クリームのムダ毛ケアの方法は、ムダ毛が生えている場所にクリームを塗り、クリームに使われている薬剤がムダ毛を溶かすといった方法。

脱毛クリームに含まれている薬剤は「アルカリ性」。ムダ毛を含む毛を構成しているタンパク質に反応させることで毛を溶かし、除毛を叶えます。

最初に紹介したように、見えている毛を溶かすというケア方法になるので「脱毛」というよりも「除毛」と考えたほうが正しいといえるでしょう。カミソリや毛抜きでの処理よりも肌に優しく、塗ってふき取るだけという手軽さが人気の秘訣となっています。

脱毛クリームのメリット

  • チクチクしない仕上がりに
  • 再び生えてくる際にもかゆみを伴わない

脱毛クリームの手軽さの他にも、大きなメリットとして挙げられるのが、カミソリやシェーバーでは得られない「滑らかな肌触り」です。溶かしてムダ毛を除毛していることから、処理をされた毛先は鋭利さを持ちません。

このことからカミソリなどで処理をした時のような、チクチクとした感触がなくなるのです。また毛抜きで抜いたときのように、毛穴に刺激を与えることもないのでぶつぶつとしたいわゆる「鳥肌」のような症状も抑えることができます。

また、毛先が丸く処理できることのメリットとして、再び生えてくる際に感じるかゆみを覚えることも少ない点もメリットですね。

見た目そのものよりも、肌触りを重視する方、カミソリの処理ではかゆくなってしまう方にはピッタリな処理方法だといえるでしょう。

Twitter上の口コミ

脱毛クリームのデメリット

すべすべな仕上がりになる、なんて聞けばそれだけで脱毛クリームを買いに行きたくなってしまいますよね。しかしやはりメリットだけのアイテムというものはそうそうありません。

脱毛クリームのデメリットといえるのは、上記でも少し触れたようにあくまでも「見えているムダ毛を溶かして除毛するだけ」という点が挙げられます。「脱毛」と書かれているので、毛根から抜けるようなイメージを持ってしまいますが、実際のところはカミソリでの処理と同じ程度といえます。

永久脱毛はもちろん、カミソリよりムダ毛が生えてくるサイクルが長い、なんてこともないので、この点は誤解をしないように気を付けましょう。

CHECK!
脱毛クリームの除毛方法が薬剤を使っている点から、肌トラブルの危険性もあります。特に敏感肌の方などは、敏感肌用のものを使う、必ず最初にパッチテストを行うなど注意が必要です。
Twitter上の口コミ

脱毛クリームの使い方

メリット、デメリットを踏まえたうえで、実際の脱毛クリームの使い方を見ていきましょう。で李家とゾーンに使える脱毛クリームの種類や、注意点に関しても触れていくので要チェックです!

最初にパッチテストを

特に初めて脱毛クリームを使う方は、最初のパッチテストを必ず行うようにしましょう。何度も紹介していますが、脱毛クリームは薬剤によって毛を溶かす除毛方法です。毛と同じく肌の主成分もタンパク質。

まったく同じ成分ではないといっても、クリームに含まれている成分が強すぎたり、肌に合わなかった場合はトラブルの元にもなってしまいます。せっかくムダ毛処理がキレイにできても肌がボロボロでは意味がありませんよね。

人のよっては強すぎる成分のせいで、気分が悪くなってしまう例もあります。軽く考えずにパッチテストは必ず行うようにしましょう。

パッチテストのやり方
  1. 腕の内側、太ももの内側など目立たなくて肌が柔らかいところに、クリームを10円玉程度の大きさに塗ります
  2. 脱毛クリームのパッケージに書かれている時間だけ放置(服などにつかないように注意を)
  3. クリームをふき取った後48時間放置
  4. クリームを塗った場所にトラブルがおきなければOK

肌に合わない場合には、48時間が立つ前に肌の赤みやぶつぶつを認めることができるでしょう。これら異変が起きた場合には、その脱毛クリームは決して使わないでくださいね。

また、肌に異変が起きた際には、同時に気分が悪くなってしまうなど大きなトラブルにつながるケースもあります。このような時は使用した脱毛クリームの現品と箱、説明書をもって医師にかかりましょう。

パッチテストの際には問題がなかったのに、実際に使ってみたら気分が悪くなるというケースも見られます。これはパッチテスト時の少量なら体が耐えられたけれど、本使用の量には耐えられなかったなどの理由が考えられます。

なので、テストでは平気だったからと軽く考えずに、速やかに使用を中止しましょう。

基本の使用方法
  1. 脱毛クリームを使用する前にお風呂に入っておきましょう
  2. クリームを塗る部分の水けをしっかりと除去
  3. クリームを脱毛したいか所に塗っていく(毛が隠れる程度の厚さでできるだけ均一に)
  4. 脱毛クリームに記載されている時間分放置
  5. 放置後クリームをふき取る(商品によってふき取り方が違うので指示に従いましょう)
  6. クリームのべたべた感が残っているようならシャワーで洗い流す
  7. しっかりとした保湿を

脱毛クリームも商品によって細かな点が違ってきます。なので基本は購入した脱毛クリームのパッケージに書かれている使用法を守るのがおすすめ。

ポイントは脱毛クリームを使用する前には、しっかりと脱毛したい場所をきれいにして水気を取っておくのがおすすめです。皮脂やほこり、水気や汗をしっかりと除去することで、クリームの密着力を上げることができますよ。

また、効果を感じたいからといって、必要以上に長くクリームを放置するのはおすすめできません。肌に対して負担をかけるだけの結果にもなりかねないので、指示されている時間を守りましょう。

デリケートゾーンは使用可能・不可が分かれている

脱毛クリームを使う際、人気が高いVIOに対応しているのか?といった点も気になる方も多いでしょう。脱毛クリームに関しては、デリケートゾーンへの使用は商品によるとしか言えません。

肌への優しさをうたっているもの、効果の高さをうたっているものなど、商品によって変わってくるように、デリケートゾーンの対応に関しても商品によって千差万別です。

近頃ではデリケートゾーン対応の商品もたくさん出てきているので、VIOの処理を脱毛クリームでしたい方は、対応している商品を選ぶようにしましょう。

VIOは肌の中でも粘膜が近い分、よりデリケートな部位です。対応していないものを無理に使ってしまえば、トラブルの原因になってしまうだけ。対応していないものでも大丈夫だろうなんて、決して考えないようにしましょう。

脱毛クリームを使う際の注意点

こちらも基本の使用方法と同じように、脱毛クリームに書かれている注意書きを守ることが大前提です。特に上記でも紹介したように、効果を強く感じたいからといって放置時間を長く取るのはおすすめできません。

効果をきちんと感じたいのなら、あらかじめ汗や水けをふき取っておく、クリームはできるだけ均一に塗るなど、事前にできる点を気を付けてみましょう。また、脱毛クリームは多くの場合、特有のにおいがあります。

ツンとしたニオイになり、人によっては苦手だと感じることも多いでしょう。なので、脱毛クリームを使う際には換気にも気を配ってみてはいかがでしょうか。

脱毛クリームを使用した後のアフターケア

すべすべの肌に仕上げてくれる嬉しいムダ毛ケアである脱毛クリーム。しかし、何度も紹介しているように、脱毛クリームは薬剤によって毛を溶かす除毛方法。肌にとっては負担を強いることになるので、アフターケアに関してもしっかりと把握しておきましょう。

実は脱毛クリームを使った後のケアに関しては、説が2つにわかれています。肌が弱っているからしっかりとした保湿で保護をする。反対に、肌が敏感になっているから、保湿自体は必要だけれど本格的なケアは1日空けてからなど。

保湿をするという点では同じですが、少し困ってしまいますよね。ここで考えられる理由の一つにケアをする際に触れることが刺激になる。という点が挙げられます。

脱毛クリームを使用した後だけではなく、肌が敏感になっているときは手で触れること自体が刺激になる、という話を聞いたことはありませんか?なので、アフターケアの際にはきちんと保湿をしながらでも、必要以上に触れることがないようにケアをしていきましょう。

このようなケア方法ができるのは「ボディミルク」や「オールインワンジェル」など、1回のお手入れでケアが終了できるアイテム。

保湿力が高く、肌の負担にならないよう伸ばしやすく、そして毛穴をふさがないようにオイルが含まれていないアイテムを使うのがおすすめです。

また、脱毛クリームを使用した後に、熱を持っているように感じる場合もあります。こんな時は、保湿の前にクールダウンをしてあげましょう。ここでも必要以上のクールダウンは肌の負担になってしまうので、濡れタオルなどで優しく冷やしてあげてくださいね。

POINT!
何度か脱毛クリームを使ってみて、いつも肌が火照っているように感じる方は、クリームをふき取る時や流すときも、優しくこすらないことを意識してみてはいかがでしょうか。流す際にシャワーではなく、洗面器にためたぬるま湯にすることもおすすめですよ。

おすすめ脱毛クリーム3選

では実際に脱毛クリームを使うとして、どの脱毛クリームを選べばいいのかも気になってきますよね。ここからは使い方が簡単でおすすめできる脱毛クリームを3つ紹介していきます。

パイナップル豆乳除毛クリーム スズキハーブ研究所 2,808円
【脱毛クリーム】おすすめ脱毛クリーム3選 パイナップル豆乳除毛クリーム

豆乳とパイナップルをメインに作られた除毛クリームです。

発売元のハーブ研究所の名の通り、7種類のハーブも含まれているのでお肌に優しい処方。

顔、デリケートゾーンには対応していません。

ムーモ shizen-labo 6,600円
【脱毛クリーム】おすすめ脱毛クリーム3選 ムーモ

高級シアバターや大豆エキス、シソエキスなど、脱毛後の肌のことも考えた処方になっています。

しっかりと保湿成分が含まれているだけではなく、除毛効果もしっかりと対応。

ラベンダーの香りとなっているので、脱毛クリーム特有のにおいが苦手な方にもおすすめです。

NULL リムーバークリーム 2,980円
【脱毛クリーム】おすすめ脱毛クリーム3選 NULL

こちらは男性用に作られている脱毛クリーム。

女性より毛が濃かったり太かったりする男性用に作られているだけあって、除毛効果も期待できるのではないでしょうか。

また、効果に期待できることと同時に、顔以外ならデリケートゾーンにも対応している点もうれしいですね。

ヴィートやエピラットなど市販品はあまりお勧めできない

上記でおすすめしている脱毛クリームは、すべてネット通販によるものばかりです。

市販されている脱毛クリームもありますが、除毛効果、肌への負担を考えるとあまりお勧めできないのです。

もちろん脱毛クリームの利点は気軽に購入できること、購入時の安価さになると考える方も多いでしょう。しかし、どれだけ安価であっても、ムダ毛の処理ができなかったり肌荒れをしてしまうようでは意味がありません。

とりあえず脱毛クリームがどんなものなのか知りたい。ちょっと試してみたい、という時にお試しで購入してみる程度には良いでしょう。

脱毛クリーム以外の人気のムダ毛対策方法は?

自宅でのムダ毛処理には脱毛クリーム以外にも、たくさんの方法がありますよね。中でも肌に対して負担が少なかったり、ケアの効果が高いものを少し見てみましょう。

1ブラジリアンワックス

一時期非常に人気が高かった処理方法なので、名前だけは知っているという方も多いであろう「ブラジリアンワックス」。ハチミツをベースにして作られたワックスを使用して、毛根からムダ毛を抜いてしまう処理方法です。

毛根から抜いてしまう処理方法になるので、仕上がりがキレイで、次に生えてくるまでの期間が長いという特徴があります。

2抑毛クリーム(ローション)

こちらは今あるムダ毛をすぐに処理するわけではなく、毛の育成を抑制する事で、毛を細く目立たないように促すもの。効果がわかりにくい点はデメリットになりますが、少しずつムダ毛が目立たなくなっていけば、処理そのものの時間をとる必要がなくなりますね。

ただし、実際に効果が出ているのかといった点に関しては賛否両論。脱毛クリームやブラジリアンワックスのように、すぐに効果が確認できない分気長なケアが必要になります。

ワックス、抑毛ローションは手作りも可能!

上記で紹介したワックスと抑毛ローション、実は自宅で手作りをすることも可能なんですよ。どちらも身近なアイテムばかりで作れるので、興味がある方は自作してみてはいかがでしょうか。

手作りワックスの作り方

【脱毛クリーム】手作りシュガーワックス イメージ画像
手作りシュガーワックス
      

ブラジリアンワックス、実際に使ったことがある方は、そのごっそり抜けた感に感動した方も多いでしょう。

しかし、このワックス、なかなか値段が高かったりするんですよね。そこで、今回はお砂糖で作れる手作りワックスを紹介していきます。

材 料
  • お砂糖:1カップ
  • レモン汁:1/4カップ
  • 水:1/4カップ

作り方
  1. まず材料全てを片手鍋などに入れて混ぜておきましょう
  2. 火をかけて煮詰めていきます
    (最初は中火、煮立って泡立ってきたらすぐに弱火にしましょう)
  3. 弱火のままふつふつと泡立つ程度に火加減を調整、そのまま12~15分煮詰めます
  4. 泡が細かく均一になってきたら出来上がり

作っている最中は、基本ずっとスプーンなどで混ぜ続けてください。放置していると簡単に焦げてしまいます

また出来上がったシュガーワックスは、煮沸消毒したガラス瓶などに保存できます。

CHECK!
冷めるまでは非常に高温となっているため取り扱いには注意しましょう。粘度もあるので、不用意に触るとやけどの原因になります
使い方

人肌程度に冷やしたワックスを脱毛したい場所に塗ります。シートをあてて、シートにワックスがしっかりとついたら、毛の流れに逆らって一気にはがしましょう。じわじわと剥がしても毛が抜けませんし、より痛みを感じやすくなるので思い切りが大事ですよ。

塗る時はスパチュラ(木べら)等を使用、シートも専用のものでなくてもかまいません(布の切れ端などでも可能)。また、ワックス自体を厚めに塗れば、ワックスをつかんで剥がすことも可能です。

シュガーワックスのメリットデメリット

メリット デメリット
メリットはやはり身近なもので簡単に作れて、しっかりと脱毛できる点でしょう。ワックスを塗ることに慣れてくれば、毛抜きよりも簡単に広範囲のムダ毛を処理することもできます。 デメリットとしては、やはり痛い、肌の角質層もはがすので肌荒れは免れない、使い続けると毛穴が目立つ、という点は挙げられます。

ただ、上記でも紹介しているように、思い切りよく剥がすことで痛みを抑えることは可能です。火傷には注意してください。お砂糖の甘い香りを楽しむこともできますよ。

手作り抑毛ローションの作り方

【脱毛クリーム】手作り抑毛ローション イメージ画像
手作り抑毛ローション
 

続いては抑毛ローションを手作りする方法を見ていきましょう。

抑毛ローションに使われて理う成分は、女性ホルモンに働きかける成分が多くなっているので、肌ケアのアイテムとしても優秀ですよ。

材 料
  • 無調整豆乳:250ml
  • レモン:1個
  • 消毒用アルコール:大匙4~5

作り方
  1. 豆乳を鍋に入れ弱火でかき混ぜながら暖める
  2. 豆乳が60度前後になったらレモン1個分の果汁を入れる
  3. レモンの効果で豆乳に塊ができだしたら、火を止め消毒用アルコールを加えて混ぜる
  4. ボウルの上にざる、手ぬぐい、キッチンペーパーを重ねて豆乳を漉します
  5. そのまま放置して、熱が冷めたら手ぬぐいごと手に取り、水分を絞り出す
  6. 煮沸消毒した容器に移し、保存すれば出来上がり

豆乳を温めるときは必ず弱火にしましょう。強火で一気に温めると焦げ付いたり湯葉ができてしまう可能性があります。また、温めすぎるとローションに必要な有用成分が壊れてしまうので、沸騰させることはNG。

消毒用アルコールは引火しやすいので、加える際には必ず火を止めてから加えてくださいね。

使い方

使い方自体は非常に簡単。お風呂上りなど肌を清潔にしたうえで、普通のローションと同じように塗っていきましょう。特に脱毛をした後に塗ると、効果的。保存期間は冷蔵保存で約1週間なので、贅沢にバシャバシャと使うのもおすすめです。

抑毛ローションのメリットデメリット

メリット デメリット
メリットとしてはお手入れが簡単である、という点が一番にあげられるでしょう。また、ムダ毛のケアだけではなく肌自体のケアも同時にできるので、時短をしたい方にもうれしいポイントですね。 反対にデメリットとしては、長期的なケアをしないと効果を実感できない点。そして尿素系の化粧品やクリームと併用すると、アンモニアの匂いがしてしまうことも。

肌やムダ毛のケアをしているときはリラックスタイムでもあります。くさいなんて感じながらのケアはストレスになってしまうので、豆乳と尿素系の化粧品は併用しないよう気を付けて下さい。

よりきれいな脱毛をしたいならサロン脱毛へ

ここまで脱毛クリームや周辺アイテムに関して紹介してきました。良い面も悪い面まりますが、実際問題、これらのムダ毛処理方法は一時的なものでしかない点が最大のデメリットといえるでしょう。

もちろん一時的であっても、すぐにムダ毛を処理してしまうことができるのは大きなメリット。明日プールがある!1か月後に友人の結婚式が!なんてときにはとても有効な処理方法だと思います。

だからといって一時的な処理方法では結局イタチごっこになってしまいますよね。特に脱毛クリームは費用の面から見て安価に思えますが、市販の安価なものでも200gで1,000円程度。200g程度の容量なら、よくて2回ほどしか使えません。

1週間に1回ペースが各製品の推奨使用頻度ですので、1カ月4回使ったと考えれば1カ月で2,000円。そして1年間使い続ければ2,000×12=24,000円

こうやって考えれば、安価なサロン、または少し頑張れば月額制のサロンに通い始めることもできそうですよね。

自己処理と違ってサロン脱毛は一生通うわけではありません。また、仕上がりに関しても自己処理とプロの手になるサロン脱毛では大きく違ってきます。根本的にムダ毛を何とかしたい、きれいな肌に自信を持ちたいと考えるのなら、サロン脱毛を検討してみる方がお得かもしれませんよ。

脱毛クリームは普段使いにはピッタリ

今回は自己処理の際に使える脱毛クリームに関して紹介してきました。肌が弱い方にはおすすめできませんが、仕上がりがチクチクしないなど、メリットもたくさんあったと感じます。

特にカミソリと同じように、すぐに効果を実感できる点はとっても便利ですよね。明日までに何とかしたい、なんて場合にはピッタリなケアアイテムでしょう。

しかし、全面的におすすめできるアイテムかといわれれば、素直に肯定することはできません。どうしても肌への負担が出てくること、一時的な処理である以上、いつまでも脱毛クリームを使い続けなければいけないこと。

これらを考えれば、誰にでもおすすめとはやはりいえません。もうムダ毛処理はしたくない!と考えるのなら、長期的な計画でサロン脱毛を考えてみてはいかがでしょうか。

 
ページのトップへ
ページのトップへ