脱毛ポリス > 知識まとめ > 顔脱毛には美肌効果がある?フォトフェイシャルとの違いとは?シミ・そばかすも薄くなる?濃くなる?

顔脱毛には美肌効果がある?フォトフェイシャルとの違いとは?シミ・そばかすも薄くなる?濃くなる?

3929 views
顔脱毛には美肌効果がある?フォトフェイシャルとの違いとは?シミ・そばかすも薄くなる?濃くなる?のイメージ

皆さんは「顔脱毛をすると、脱毛効果と共に美肌効果も手に入る」…という噂を聞いた事がありますか?
実はこの噂は本当で、顔脱毛をすると様々な美肌効果を得る事ができるのです♪
今回は、顔脱毛をして得られる美肌効果は勿論、顔脱毛とフォトフェイシャルの違い等をご紹介したいと思います。

IPL方式の光脱毛で得られる嬉しい美肌効果

IPLの光脱毛で顔脱毛をすると美肌効果がある…と言っても、一体どのような仕組みで、どんな美肌効果が得られるのでしょうか?

IPL方式の光脱毛で得られる嬉しい美肌効果

人間の皮膚は、皮下組織・真皮・表皮の3つに分類されます。
真皮層ではコラーゲンやエラスチンが水分保持をするヒアルロン酸を抱え込んでおり、新しい皮膚を作り出すという役割を担っています。
顔脱毛をするとIPL光の一部が真皮層にまで届き、コラーゲンやエラスチンの生成を促進にしてくれるため、これからご紹介する様々な美肌効果を得る事ができるのです。

ターンオーバーの正常化

ターンオーバーの正常化

お肌のターンオーバーとは、簡単に言うと「お肌の生まれ変わり」です。表皮の基底層で生まれた皮膚が角質となって剥がれ落ちるまで、正常であれば約28日かかります。
加齢・ライフスタイル・乾燥等が原因でターンオーバーは乱れてしまう為、様々なエイジングサインが出てしまいます。
IPL光でコラーゲンやエラスチンの生成が促進される事で、乱れてしまったターンオーバーが正常になり、様々な美肌効果を得る事ができるのです。

シミ・ソバカスが改善される

シミ・ソバカスが改善される

女性が特に気にするシミやソバカスは、表皮層の基底層と呼ばれる部分にあるメラノサイトが、紫外線や外部刺激の影響で刺激を受け、お肌を守るためにメラニン色素を作り出してしまうのが原因です。
IPL光によりお肌のターンオーバーが正常化され、メラニン色素による色素沈着が進んだ細胞が角質層へと押し出されていくため、シミやソバカスが改善されます。

お肌の透明感がアップし、メイクのノリが良くなる

ターンオーバーが正常化される事で、剥がれ落ちずに残ってしまった古い角質によるお肌のくすみが解消されます。
コラーゲンやエラスチンの生成が促進されることでお肌の保水力も上がり、加齢によって失われてしまったお肌のハリや弾力が取り戻され、メイクのノリも良くなります。
また、脱毛をしてムダ毛が無くなることで、お肌のトーンアップやメイクのノリが良くなることも期待できます。

シワやタルミが改善される

シワやタルミが改善される

シワやタルミは、ほとんどが5月~7月に降り注ぐ紫外線A波の影響です。この紫外線A派とはとても強烈な波長で、窓ガラス等も突き抜けて真皮層に届き、長い年月をかけて少しずつコラーゲンやエラスチンを変性してしまいます。
IPL光でコラーゲンやエラスチンの生成を促進する事で、変性されてしまった真皮層の保水力が上がり、シワやたるみが目立たなくなってくれるのです。

毛穴が目立たなくなり、ニキビもできにくくなる

当たり前の話しですが、脱毛をするとムダ毛が無くなりますよね。ムダ毛が無くなった毛穴はキュっと引き締まって目立たなくなり、凸凹のない滑らかなお肌に導いて。くれます。また、毛穴が引き締まることで余分な皮脂のつまりが無くなるため、皮脂をエサとするアクネ菌が繁殖しにくくなり、ニキビができにくいお肌になってくれます

当たり前の話しですが、脱毛をするとムダ毛が無くなりますよね。ムダ毛が無くなった毛穴はキュっと引き締まって目立たなくなり、凸凹のない滑らかなお肌に導いてくれます。また、毛穴が引き締まることで余分な皮脂のつまりが無くなるため、皮脂をエサとするアクネ菌が繁殖しにくくなり、ニキビができにくいお肌になってくれます。

光脱毛とフォトフェイシャルの違いについて

サロンの光脱毛とフォトフェイシャルの違いを知るには、まずはそれぞれの仕組みを知っていないと理解をすることができません。

サロンの光脱毛の仕組みについて

サロンの光脱毛は2種類あり、主流の「IPL(インテンスパルスライト)方式」と、一部のサロンが導入している「S.S.C(スムース・スキン・コントロール)方式」があります。
それぞれ脱毛の仕組みや特徴が違うので、しっかりと覚えておきましょう。

クリニックのフォトフェイシャル

単一のレーザー光を使用しており、シミやシワ等ピンポイントの悩みに効果が高いと言えます。効果が高い反面火傷やかさぶた等のリスクも高く、施術の後はダウンタイムが必要なため、数日間の外出制限があり、メイクなども一切できません。

サロンのフォトエステ

IPL方式の光脱毛と同じ複数の波長を組み合わせた特殊な光を使用しており、比較的広範囲に効果があります。このIPL光はお肌の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンを生成する働きがあるため、美肌効果をもたらしてくれます。
クリニックに比べると出力が低い為数回の施術が必要ですが、ヤケドやかさぶた等の肌トラブルがなく、施術後のダウンタイムも不必要な為、当日からメイクをすることが可能です。

IPL方式の光脱毛とフォトエステの違いは?

勘の良い方はお気づきだと思いますが、IPL脱毛とフォトエステは、同じキセノンランプを搭載したマシーンを使用しています。
マシーンから放出される光の複数の波長には、「脱毛に効果的な波長」と「コラーゲンやエラスチンの生成を促進する波長」があり、それぞれの目的によって波長や出力の調節をしているため、得られる効果が変わってきます。
フォトエステは「コラーゲンやエラスチンの生成を促進する」ことをメインにしている為、IPL光の出力が弱く、美肌効果は高いものの脱毛効果は落ちてしまいます。
光脱毛は毛根にダメージを与えるレベルの強いIPL光の為、脱毛効果がメインになりますが、回数を重ねれば重ねる程、美肌効果も期待ができます。

脱毛サロンで導入している機械で効果は差があるの?マシンを徹底比較>

顔脱毛で、シミやそばかすが濃くなる?!

女性が一番気になるシミを改善することができるIPL方式の光脱毛ですが、「シミやソバカスが濃くなった!!」という噂を聞いた事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
「脱毛期間中に注意するポイント」をしっかりと抑えておけば、シミやソバカスが濃くなることはないので、安心してくださいね♪

脱毛後の日焼けはご法度です!

脱毛期間中の絶対にしてはいけないのが日焼けですが、特に施術後の日焼けはご法度です!!
お肌は熱エネルギーを帯びており、お肌がとってもデリケート。その上から日焼けをすると赤みや痒みを引き起こし、最悪の場合色素沈着してシミになってしまう事も考えられます。

出力が強すぎたためにヤケド状態に…

サロンの光脱毛ではほとんど症例がありませんが、照射出力が高すぎたためにヤケドになってしまい、その部分が色素沈着としてシミになってしまう事もあります。
我慢できない痛みを感じた時は、すぐに担当者に伝え、施術の翌日になっても赤みや痛みが引かない場合はすぐに皮膚科の受診をしてください。

肝斑は稀に濃くなってしまいます…

紫外線や外部刺激によるシミやソバカスはIPL方式の光脱毛で改善する事が可能ですが、女性ホルモンの乱れが原因の肝斑に関しては、稀にシミが濃くなってしまう事があるため、サロンでは施術をすることができません。
肝斑が出てしまった方が顔脱毛をするなら、まずは皮膚科の受診をおすすめします。
レーザー治療や強力なシミ還元能力のあるハイドロキノンで肝斑の改善をした後、サロンの光脱毛を受けるようにしてください。

アフターケアをきちんとして美肌効果UP

顔脱毛をした直後のお肌は、脱毛による熱エネルギーで毛穴の周りの皮膚の水分が奪われてカラカラに乾燥しています。
コラーゲンやエラスチン等の生成が活性化されているお肌に、ヒアルロン酸等の保水成分がたっぷりと配合された化粧水を使用すると、最高の美肌効果を発揮してくれますよ♪
施術当日は美容成分が浸透しやすいので、パック等の使用もおすすめです。

顔脱毛の回数を重ねて美肌効果をゲットしよう!

顔脱毛はあくまで脱毛をメインとしているので、フォトエステに比べると美肌効果は落ちてしまいますが、回数を重ねて脱毛を繰り返すことで確実に美肌効果を得る事ができます。
究極の美肌を求めるなら、まずはIPL方式の光脱毛をしてムダ毛を確実に減らし、その後フォトエステに切り替えるのがおすすめです。
契約している顔脱毛プランの残り回数をフォトエステに切り替える事ができるサロンもあるので、無料カウンセリング等で相談してみましょう。

顔脱毛の効果と回数「6回と12回でどれくらい違う?必要期間は?費用は?」>

顔脱毛も含まれる全身脱毛ならキレイモ

IPLの光脱毛で顔脱毛のみのコースを契約するよりも、全身脱毛をするとコストパフォーマンスが高くなるし、全身のお肌を綺麗にすることができるのでおすすめです。
顔の施術範囲が一番網羅されているのは『キレイモ』!コスト的にも一番おすすめです!

顔脱毛の範囲を詳しくご紹介
全身脱毛に含まれる範囲はどこまで?顔は含まれないの??

こちらの記事もよく読まれています

 
ページのトップへ
ページのトップへ