脱毛ポリス > 知識まとめ > 子供の脱毛どうしてる?ワキなど毛深い子を持つお母さんのお悩み解決

子供の脱毛どうしてる?ワキなど毛深い子を持つお母さんのお悩み解決

3573 views
子供の脱毛どうしてる?ワキなど毛深い子を持つお母さんのお悩み解決のイメージ

子供のうちから脱毛に行く子、増えてます!成長への悪影響も無し。

お子さんがムダ毛で悩むお年頃になってくると「何とかしてあげたほうが良いのかな…」と考えるお母さんも多いのではないでしょうか。子供が少し毛深いほうだと特に悩んでしまいますよね。
そこで今回はキッズ脱毛について、小学生~高校生の子供を持つお母さんが知っておきたい情報をピックアップ!

「子供の脱毛って…小学生がそんなことして良いの!?」というギモンから、「みんなはどうしてるんだろう?」とママ友にもなかなか聞けないホントのところまで、まとめてご紹介していきます。
子供の脱毛はアリかナシか、気になるお母さん必見です!

今は脱毛サロンに通うのが当たり前

まずここで声を大にして言いたいのが、時代は変わった!ということ。
お母さん世代が子供の頃には、脱毛のためにエステに通っている、な~んていうと「どこのセレブだよ!?」という感じだったかもしれませんが、今は子供のうちから脱毛サロンに通っても全然おかしくありませんし、むしろ当たり前なんです。
たとえば、歯並びが悪ければ歯科矯正に通わせてあげますよね。
それと同じ感覚で、ムダ毛が目立ってきたら脱毛サロンに通う、これが今の新常識!
とはいえ「ムダ毛が気になるなら自己処理で良くない?」「子供に悪影響が出ることはないの?」と心配なお母さんもいると思うので、なぜ脱毛サロンが良いのか、なぜ子供の脱毛が当たり前になってきているのか、理由をチェックしていきましょう。

お母さんが子供の頃と“脱毛事情”が変わっている

先ほども時代の変化についてお話ししましたが、中でも昔と今の脱毛事情を様変わりさせているポイントが次の2つ。

①子供の成長が早くなっている

戦後、お肉をよく食べるようになってから子供の発育が良くなった、というのは誰もが1度は耳にしたことがある話ですが、その成長スピードは決して止まってしまったわけではありません。
今の子供も、お母さんが子供の頃と比べるとやっぱり成長は早いんです。
その分、ムダ毛が生えて濃くなるのも早いので、「私が小学生のときにはこんなに毛深いこともなかったんだけど…」という、お母さん世代の感覚はだんだん当てはまらなくなってきています。
中学生・高校生の場合はもちろん、子供がまだ小学生でも毛深いことに悩んでしまうケースは珍しくないんですね。

②サロン事情も進化!

昔と今とでは、脱毛サロンで導入されているマシンも大違い。
昔は脱毛サロンといえば、1つ1つの毛穴に針を刺して、そこから電気を流す「ニードル脱毛」が主流でした。
毛穴1つ1つ手作業となると、当然手間がかかるので、かかるお金もウン十万。
これでは一般人が、しかも子供が気楽に脱毛できるはずはありません。
しかし、この20年ほどで脱毛サロンの技術は大幅に進化!
今では脱毛したい範囲に光をあてる「光脱毛」が、最もお手軽でリーズナブルな方法として知られています。
サロンのキャンペーンを利用すれば、ワキなど部分的な脱毛なら数百円で始められることも。
ニードル脱毛時代には避けられなかった強い痛みも、光脱毛ならほとんど感じないほど軽減されています。
もちろん個人差はありますが、子供が続けられないほど痛い!ということはないので大丈夫ですよ。

子供たちもムダ毛が気になる機会がいっぱい

これは昔も今も変わらずですが、たとえば学校の体育の授業で着替えるとき、プールで水着になるとき…濃いムダ毛が生えていたりすると、友だちにからかわれないか心配です。
笑い話にできれば良いですが、真剣に傷付いて毛深いことがコンプレックスになる子供もいます。
子供が気になるムダ毛といえば、やっぱりワキ・腕・脚がトップスリー。
バレエやチアダンスなどの習い事をしている場合は、特にこの3つが目立ちますよね。
習い事の間ずっと、実は密かにムダ毛のことを気にしているのかも…と思うと、居ても立っても居られなくなりませんか?

子供の頃から脱毛しても悪いことはありません

子供はまだ成長期だから、何か悪影響があったら…と心配なみなさん。
サロンでの光脱毛が子供の成長を妨げることはありませんし、実際何も悪いことはありません。
でも、やっぱりお母さんが「大丈夫なの?」と思ってしまうのは、次のようなギモンではないでしょうか。

①ホルモンバランスが崩れたりしない?

脱毛がホルモンバランスの乱れを生むことはありません。
よく脱毛とホルモンバランスが影響し合うように言われているのは、ホルモンバランスが崩れている状態で脱毛をしても、効果が出にくいからです。つまり、健康に悪いわけではありません。
脱毛がきっかけでホルモンバランスが悪くなるというのは完全なデマ!なので、安心してくださいね。

②子供の肌に悪くはないの?

同じムダ毛を処理するのであれば、脱毛よりも自己処理のほうがよっぽど肌に悪いです。
自己処理にはカミソリや毛抜き、除毛クリームなど色々な方法がありますが、どれを選んでも肌に大きな負担をかけてしまいます。
特に、自己処理で1番お手軽なカミソリは、刃で直接肌に傷をつけてしまうリスクも高く、カミソリ負けと言われているような赤みなどの肌トラブルが起きやすくなっています。

しかも、カミソリでは処理してもすぐに毛が生えてくるので、ほとんど毎日~数日置きに剃らなければなりません。
そのたびにどんどん肌へのダメージが蓄積されていくので、キレイな肌を目指しているなら絶対やめておきたい方法なんです。
一方、脱毛サロンなら施術は大体2ヶ月おきですし、最初のほうこそ自己処理との併用になりますが、通えば通うほど毛が生えにくくなっていきます。
つまり、最終的には自己処理とはキレイにおさらばできちゃうんです。
毛が生えてこなくなる=ムダ毛のことを気にすることもなくなって、ダメージからもストレスからも解放されます。

③子供のうちからやっても効果って期待できないのでは?

脱毛をする上では、子供といっても生理が始まっていれば大人と同じ
大人が脱毛をするのと変わらず、子供にもきちんと効果があります。
むしろ、脱毛を完了させるまでには年単位の時間がかかるので、子供の頃に始めておいたほうが若くしてムダ毛から解放されるというメリットも!
ただ、まだ生理が始まっていない子供の場合は、ホルモンバランスが安定していないため効果は期待できません。
サロン側でも、通える条件に「生理がきていること」を挙げていることがほとんどです。
子供の生理が始まるまでは、肌への負担が少ない電動シェーバーでしのぎましょう。

脱毛サロンに通わせてあげよう

ご紹介してきたように、今は小学生でもムダ毛に悩む子供がいる時代。
だからこそ、子供が脱毛サロンに通うのも当たり前の時代になってきています。
「でも、それって自分でお金を出せるようになってから通えば良いんじゃないの?」と思うお母さんも、中にはいるかもしれません。
確かにそれも一理ありますが、通い始めるのが遅くなれば遅くなるほど、子供がムダ毛に悩む期間も引き延ばされてしまいます。
ならば、子供のお小遣いの範囲でも通えてしまえるくらい安いサロンならいかがでしょうか?
ワキや腕など、気になる部分だけの脱毛なら意外と安く通えるサロンもあるんですよ。
特にミュゼでは“数百円でワキ脱毛”ができるなど、お得なキャンペーンが色々と開催されています。
「通わせてあげたいけど、子供には贅沢よね…」と思っているみなさんこそ、ぜひチェックしてみてください。

また、毛深いことで本当に悩んでいる子供は、今後も様々なシーンでその悩みにぶち当たるはず。
「お母さんにできることがあるならしてあげたい!」「子供の将来に投資してあげたい!」そんなふうに思っているなら、今のうちに全身脱毛に通わせてあげるのもおすすめです。
キレイモの全身脱毛なら、月額制で月々の支払いは9千円ほど。
学生さんのお小遣いでもなんとかなる金額なので、「今はお母さんが出すけど、高校生になったら自分でアルバイトして払ってね」と約束した上で通わせてあげるのも良いと思います。
肌にも優しくて安心なキレイモ、気になる方はぜひ次の記事を読んでみてくださいね。

こちらの記事もよく読まれています

 
ページのトップへ
ページのトップへ