AX
脱毛の口コミを大捜査!アノ評判は本当?【脱毛ポリス】 > 知識まとめ > 毛周期の基礎知識その2

毛周期の基礎知識その2

37 views

毛周期とは、毛が生え変わる周期のことで、成長期→退行期→休止期のサイクルが繰り返されています。 毛周期は、その毛がどこに生えているかで異なります。

性毛=縮れ毛

性毛とは、第二次性徴で生え始める、VIOラインの毛や、あまり歓迎されないワキのムダ毛のことです。
これらの性毛の毛周期は、そのほかの部位の毛(=無性毛)よりも長いとされています。

性毛の毛周期は、おおよそ1~2年といわれています。
例えば腋の下の毛周期が1年だとすると、
生えてくるすべての毛が、それぞれ成長期を迎えるには最長1年かかるという意味ですので、
すべての毛が成長期から退行期に入り、脱毛の対象になるのは最短で1年ということになります。

性毛の脱毛が終わるまでには無性毛よりも時間がかかるといわれているのはこのためです。

無性毛=縮れていない毛

無性毛は、性毛以外の毛を指します。ウデやアシなどの毛が無性毛の対象となりますが、
毛周期は性毛よりも短めです。多くはムダ毛と呼ばれていますが、成長期、退行期、休止期というサイクルできちんと活動し、毛母細胞も活発です。
だいたい無性毛の毛周期は、だいたい2~数ヶ月といわれています。

毛周期と毛の性質を利用して脱毛計画を立てよう

前述のように性毛と無性毛では毛周期が異なるので、
サロンなどに通って脱毛施術をする場合は、それぞれの部位の毛でわけて、脱毛効果の顕著な脱毛計画を立てるほうが効率的でコストダウンにもなります。

例えば、ワキ脱毛と脚脱毛を考えている場合。
脱毛毛周期が違えば、同時にエステのコースを購入したとしても、サロンで施術を受ける頻度はそれぞれで変えなくてはいけません。

脚脱毛を2ヶ月おきに通うとしたら、ワキ脱毛は3ヶ月おきにすべきです。

あまり高頻度で通えないとしたら、2ヶ月おきに足脱毛に通い、そのうち2回に1回に
ワキ脱毛を受けるべきです。脱毛周期と脱毛回数にはコツがあるのです。
たとえば2月からはじめるとしたら下記のようなペースになります。

例)
2月 アシ
4月 アシ、ワキ
8月 アシ
10月 アシ、ワキ
12月 アシ

こうすれば2ヶ月に1度のペースで無駄なく進めることができ、効果も確認しやすいでしょう。
くれぐれも、簡単だからといって毎回両方受けないようにしましょう。

性毛同士、無性毛同士はまとめてOK

無性毛同士の脚と腕の脱毛をいっしょに施術するとか性毛同士のワキとVIOの脱毛を行うのであれば、それは毎回一緒でもOKです。

脱毛サロンでは期間中、一律に「2カ月おきに通って下さい」といわれることが多いのですが、発毛から後の
毛周期を考えると、性毛と無性毛はそれぞれわけて通うべきであることがわかりますよね。

もしあなたが全身の脱毛を考えている場合は、無性毛をベースに考えましょう。

無性毛2回に対して1回性毛を受けるくらいの施術間隔のペースがもっとも無駄がないと思われます。こうした成長サイクルや脱毛サイクルのタイミングを考えることが望ましいわけです。

永久脱毛は、毛を発生、成長させるもととなる毛乳頭にある毛母細胞をレーザー脱毛などの光脱毛で破壊する処置をとっていますが、一度の処理でできないのは毛がサイクルの休止期の場合、ターゲットとなる毛がないためです。

毛周期をきちんと把握して上手に脱毛を進めていけば、脱毛効果もバッチリ表れるでしょう。
他にも、高い効果を出すためには”サロン選び”も重要なんです。
効果の高いサロンとは…?

こちらの記事もよく読まれています

 
ページのトップへ