脱毛ポリス > 知識まとめ > 顔の産毛は脱毛効果がある?硬毛化のリスクは?

顔の産毛は脱毛効果がある?硬毛化のリスクは?

9081 views
顔の産毛は脱毛効果がある?硬毛化のリスクは?のイメージ

脱毛サロンでは硬毛化になることはほぼ無し。安心して脱毛を!

全身の中でも、特に産毛が多いのが「顔」ですよね。
うっすらと生えたヒゲ、ファンデーションのノリを邪魔する頬の産毛…「できるものなら消し去りたいっ!」と思っている女性は大勢いらっしゃるのではないでしょうか。
一番人目につくデリケートな部位だからこそ、自己処理ではなくプロに任せて脱毛するのがおすすめです!
ただし、顔脱毛は注意したいポイントがいくつかあるので、契約を決める前にしっかりとチェックしておきましょう。

産毛は脱毛効果が出るまで時間がかかる?!

サロンの光脱毛は、大きく分けると「IPL方式」と「S.S.C方式」という2種類の施術法があり、黒いメラニン色素に光を反応させてムダ毛の再生を抑制する仕組みです。
産毛はメラニン色素が薄いため、どちらの施術法も光の反応が鈍くなり、太くて濃い他のムダ毛に比べると脱毛効果が落ちてしまいます。

IPL方式(インテンスパルス)
【施術の仕組み】
複数の波長を組み合わせた特殊な光をお肌に当て、黒いメラニン色素(ムダ毛)を伝って毛穴の奥にある毛母細胞や毛乳頭に熱で刺激を与え、ムダ毛の再生を抑制します。
メリット
複数の波長の中にはコラーゲンの生成を促進する波長も含まれているため、脱毛効果と共にシミ・シワ・たるみ・クスミ等の改善ができる場合があります。 また、顔全体の施術が可能な事が多いのも魅力的です。
デメリット
照射レベルが強すぎると、痛みやお肌のトラブルを招いてしまう事も。 ムダ毛そのものに光を反応させるので産毛を完璧に処理するには期間と回数が必要になってしまいます。
S.S.C方式(スムース・スキン・コンントロール)
【施術の仕組み】
抑毛成分が配合されたジェルをお肌に塗布し、その上から黒いメラニン色素(ムダ毛)に反応する特殊な光を照射し、抑毛成分を毛穴に浸透させてムダ毛の再生を抑制します。
メリット
ムダ毛そのものに光を反応させるのではないので、IPL方式よりも産毛の処理を得意としています。また、熱エネルギーを使用していますがIPL方式に比べると出力が低いため、痛みをほとんど感じることなく、肌トラブルもなく施術をすることが可能です。
デメリット
産毛に効果が高いものの、S.S.C脱毛を取り扱っているサロンは、口周りを中心とする顔の一部の施術しかできない事が多いのが現状です。

産毛脱毛で納得できる効果を得るには?

納得する脱毛効果を得るためには、いくつかポイントがあります。その為には、顔のムダ毛の特徴をしっかりと理解しておくことが重要です。

人間の毛には毛穴の奥で生まれてから自然に抜け落ちる「毛周期」というサイクルがあるのですが、他の部位が3~5か月が平均なのに対し、顔に関しては2~3か月とサイクルがとても短いという特性があります。

施術期間を開けすぎない

他の部位の毛周期のサイクルに合わせて施術をする時、1年以内では2~3か月、1年目以降はムダ毛が生え揃う3~6か月の間隔で通うと、無駄な施術をせずに効率的に脱毛を進める事が可能です。

ただ、顔に関しては毛周期のサイクルが短いので、他の部位のような間隔で通ってしまうとベストタイミングを逃してしまう事もあります。サロンの方針にもよるので「絶対に」とは言えませんが、1~2か月の間隔で通うと効果が出やすいと言えるでしょう。

納得いくまでカウンセリングを受けよう

顔という部位はとてもデリケートで、施術者の技術やサロンのノウハウがとても重要になってきます。また、濃いシミやソバカスがある場合、施術が出来ない事も稀にあります。

理想のイメージや毛質などをカウンセリングでチェックしてもらい、ベストなプランを提示してもらいましょう。

何度も根気よく回数を重ねる

IPL方式もSSC方式も産毛に対する光の反応が鈍くなってしまうので、他の部位に比べるとどうしても回数が必要になってしまいます。脱毛完了時のイメージにもよりますが、ムダ毛の処理を楽にしたいなら10回以上の施術が必要になってしまいます。

最初の内はなかなか効果を感じられませんが、何度も根気よく回数を重ねるごとに確実に脱毛効果は現れてくれるので、安心してくださいね♪

光脱毛で硬毛化や毛が濃くなったりするの?

硬毛化の噂がこんなに飛び交ってはいるものの、脱毛したことで毛が濃くなってしまうというのはごく稀なことです。 体質によって起こりやすさは変わりますが、脱毛で硬毛化する人の割合は全体の1~10%未満と言われています。これはレーザー脱毛も含めた割合で、サロンの光脱毛だけなら1%前後ともっと確率は低く、ほぼ無いと考えてよいでしょう。

基本的には、硬毛化と無縁なまま脱毛を終えられる人がほとんどなので安心してくださいね。

硬毛化かも?!そのサインとは

確率的には低いけれど、万が一のこともあるかもしれません。施術後に産毛が濃く太くなった?!と感じたときには、以下の3つが硬毛化のサインなので確認してみましょう。

  • 施術後、1~3か月後くらいに起こった
  • 産毛だったところが普通の毛の濃さになった
  • 産毛以外の毛は脱毛の効果で薄くなった

この3つに当てはまる場合は、もしかしたら硬毛化が起きているかもしれません。 硬毛化には、「施術の効果によって産毛以外は薄くなるのに対し、産毛だけ濃くなるという特徴」があります。なので、濃くなった部分以外の毛もしっかりと確認することが大切です。

ただし、セルフチェックだとはっきりとした原因がわからないこともあるので、不安なときにはサロンスタッフに相談する必要があります。

本当に硬毛化?毛が濃くなった理由は他にあるかも

とは言え、硬毛化はほとんど起きないので、施術後に産毛が濃くなったと感じたとしても、原因は他にある可能性が高いです。

たとえば、毛を剃ったときには毛の断面が広くなり、太く見えることがあります。そのため、施術する前に自己処理した部分が、施術後も抜けずにそのまま伸びると毛が濃くなったように感じるようです。
また、ホルモンバランスが変化することで毛の量が増えたり、濃くなったりすることもあります。女性なら妊娠中や更年期、過度なダイエット中もホルモンバランスが乱れやすく、体毛が濃くなりやすいようです。

大体がこのようなカンチガイということが多いようなので、まずは先ほどの硬毛化のサインを確認してみてくださいね。

硬毛化するのはなぜ?

ほとんど可能性がないとわかっても不安な人のために…
なぜ脱毛で硬毛化が起きてしまうのか?その原因や起こりやすい部位を調査しました!

硬毛化が起こる仕組み

実は、今の段階で硬毛化の原因やメカニズムははっきりとわかっていません
一般的には、レーザーや光の刺激によって毛の成長が促進されるのではないかと推測されています。

毛が抜ける仕組み 硬毛化の仕組み

脱毛は、毛のメラニン色素にレーザーや光を反応させることで、毛根にダメージを与えています。そのため、太くて濃い毛にはしっかりと反応するものの、メラニン色素の少ない産毛には反応しにくく、中途半端なダメージしか与えられないことがあります。
その半端なダメージでは、本来の脱毛効果を発揮できず、逆に毛根周辺の細胞を活性化させ、毛を濃く・太く成長させてしまう可能性があるようです。

硬毛化しやすい部位は?

実際に硬毛化が起きやすいと言われているのは産毛です。
具体的には、背中(上部)、うなじ、二の腕、肩、腰、ヒップ、顔まわり、手指などで、薄く・細い毛の多い箇所に集中しています。 体質により他の部位に硬毛化が起きることもありますが、VIOやワキなど濃い毛の多い部位については、ほとんど心配しなくても良いでしょう。

硬毛化の対策はあるの?

硬毛化の原因が科学的に解明されていないため、有効とされる対策はありませんが、理論的に考えると改善策を練ることは可能です。
様子を見ながら以下の様な対策で経過を観察してはいかがでしょうか?

・弱いエネルギーで硬毛化したなら、今までよりも少し強い出力で施術をする。
・硬毛化しているならメラニン色素も増えているので、今まで通り同じエネルギーで脱毛施術をする。
・しばらく脱毛をお休みして様子をみる。
・脱毛機とは相性もあるので、脱毛機(サロン)を変えてみる。

これらを上から順番に試してみると、どこかのタイミングで効果を感じられると思います。
通っているサロンに相談してみましょう。

硬毛化してしまったら、サロンの対応は?

万が一、硬毛化が起きてしまったら、すぐにサロンスタッフへ相談して対応してもらいましょう。硬毛化の原因がわかっていないため、完璧な対処法はまだ見つかっていませんが、脱毛サロンでは以下のような対処法を行っています。

照射を続ける

一般的に、硬毛化したときには照射を続けるやり方が効果的だと言われています。まずは肌や毛の状態を見て、照射のレベルを強くしたり弱くしたりしながら、あなたに合った照射の強さで脱毛を続けていきます。

実際には、太い毛の方が光に反応しやすいという脱毛の仕組み上、産毛のままよりも効率よくキレイに脱毛できるようです。
施術の間隔を3ヶ月程度あけて、毛がしっかり成長してから照射するとより効果が出やすいみたいなので、硬毛化になってしまってもがっかりするのはまだ早いかもしれません。

照射をやめて様子をみる

照射を続けても硬毛化が改善しないときには、一定期間お休みする場合もあります。

毛根への刺激をなくすと、数か月から長くて1年ほどで自然と元の薄さに戻っていくようです。 人によっては、元の状態よりもさらに薄くなることもあります。
全身脱毛なら硬毛化した部位だけ照射しないようにすることもできるので、不安な気持ちを伝えて柔軟に対応してもらいましょう。

産毛を脱毛するサロンを選ぶポイント

さて、ここまでで産毛の多い顔を脱毛する際に知っておくべきポイントはもう完璧ですね!では、実際に産毛脱毛をするサロンを選ぶとき、どんなポイントに注意すればいいのでしょうか?

顔脱毛の範囲が広いかどうか

記事の冒頭でも少しご紹介しましたが、IPL方式を採用しているサロンは顔全体を施術できることがほとんどですが、S.S.C方式を採用しているサロンは顔の一部のみの施術しかできない場合が多いです。
同じくらいの価格であれば、顔脱毛の範囲が広い方がお得と言えるでしょう。

しっかりした対策をとっているか

実績やノウハウは勿論ですが、「産毛の脱毛効果を上げるための対策をしているか」「硬毛化になった場合の対応をしてくれるか」というのもしっかりとチェックしておきましょう。
大手のサロンはドクターサポートがあることが多く、万一の時にも素早く対応してくれるので、個人サロンよりも大手サロンを選ぶことをおすすめします。
念の為に脱毛開始前の状態を撮影しておくと、脱毛効果をチェックすることができるので◎です。

コストパフォーマンスを高めるなら、全身脱毛がおすすめ

顔脱毛を単体で契約するよりも、顔が含まれている全身脱毛をした方が最終的なコストを下げられ、施術期間も短縮する事ができるのでオススメ!
人気サロンの金額を比較してみると以下のような差が出てきます。

顔だけ
(エピレ)
6回56,100円、1回あたり9,350円
顔を含む全身
(キレイモ)
6回114,000円、1回あたり19,000円
月額制 毎月9,500円、1回あたり19,000円

顔だけの脱毛で9,350円、満足するまで10~12回通うことになるので、顔だけで10万円くらいかかります。
顔を含む全身脱毛で19,000円。確かに顔だけの2倍近くの価格になりますが、気になる両ワキ・うで・あし・VIOも脱毛ができるのであれば、決して高くはないですよね。
細かい部位ごとに施術をするよりも、全身脱毛をした方が断然コストパフォーマンスは高くなります。

顔脱毛の経験が豊富かどうか

産毛の多いデリケートな顔の施術は「照射レベルを見極めるのが難しい」と言われており、施術者の技術や、サロンの実績とノウハウが重要になってきます。
技術や実績のあるサロンは沢山ありますが、中でも全身脱毛に顔が含まれているサロンは、施術者が毎回顔の脱毛をしているので顔の施術経験が豊富であることが多く、安心して施術を任せる事ができますよ♪

ミュゼもキレイモも!硬毛化のリスクはほぼありません。

このように、脱毛サロンなら硬毛化のリスクはほとんどなく、もし毛が濃くなってしまったとしても、サロンスタッフがあなたに合わせて対処法を考えてくれますよ。

それでもやっぱり心配…という女子には、キレイモとミュゼのスタッフさんからこのような証言を取ってきましたのでご紹介します!

キレイモスタッフの証言 ミュゼスタッフの証言

脱毛サロンでは硬毛化の心配はほぼないと思って良さそうです。これなら安心して通えますね!

「よし、それならサロンに行こう!」と思ったあなた、サロン選びのコツって知っていますか?

たくさんサロンがあって、一体どこに行ったらいいかわからない!という女子のために、後悔しないサロンの選び方を脱毛ポリス編集部が捜査しています。
満足度が高いのは・・【効果の高いサロン】との結果が…!
是非参考にしてくださいね。

効果の高い脱毛サロンを選びたい!おすすめサロンと選び方。

こちらの記事もよく読まれています

 
ページのトップへ
ページのトップへ