脱毛ポリス > 知識まとめ > 脱毛サロンでVIOやワキの色素沈着や黒ずみは解消できる?逆にひどくなる?

脱毛サロンでVIOやワキの色素沈着や黒ずみは解消できる?逆にひどくなる?

6050 views
脱毛サロンでVIOやワキの色素沈着や黒ずみは解消できる?逆にひどくなる?のイメージ

脱毛で気になる脇やデリケートゾーンの黒ずみ・色素沈着を治そう

ワキ全体に広がっている黒ずみ、太ももとVラインの境目にある色素沈着の黒っぽいライン、ヒザやヒジのカサカサ黒ずみ…「ムダ毛も気になるけど、黒ずみや色素沈着が気になる!」という女性は大勢いらっしゃるのではないでしょうか?

「酷い黒ずみが原因で施術を断られた」という噂や、「脱毛をすると黒ずみが悪化する」なんて噂もチラホラと耳にしますが、一体どれが本当で何が根拠のない噂なのでしょうか。
そこで今日は、ワキやVIOに存在する黒ずみの原因や、脱毛サロンで施術をした際の黒ずみの変化などをご紹介したいと思います。

先に答えを言ってしまいますが、脱毛サロンで施術をすると黒ずみや色素沈着が綺麗になることがほとんどです。お肌のターンオーバーの状態等の個人差がありますが、脱毛サロンで施術をすると平均2~4回、期間にすると平均3~8か月で黒ずみが目立たなくなってくれますよ♪

どうしてサロンの施術で綺麗になるの?

では、どうして脱毛サロンで施術をすると気になる黒ずみが解消されるのでしょうか?
理由はいくつかあるのですが、一番は黒ずみの原因である「自己処理をする回数」が確実に減っていくからです。

自己処理の回数が減ることで、黒ずみが解消されるサイクル

  1. お肌への過度の負担をかける自己処理の回数が減る
  2. お肌への負担が減ることでメラノサイトが機能しない
  3. 黒ずみの元凶であるメラニン色素が作られない
  4. お肌のターンオーバーによって新しい皮膚が再生される
  5. 黒ずんだ古いお肌は角質となって剥がれ落ちる
  6. メラニン色素を含んでいないお肌が表面に押し出され、黒ずみが解消される

自己処理をする回数が減って黒ずみが解消される他、ほとんどの脱毛サロンで導入されている脱毛方式であるIPL方式のフラッシュ脱毛の光は、エステティックで使用されるフォトフェイシャルの光と同じものです。

IPL光を広範囲に浅く照射するのがフォトフェイシャル、IPL光を狭く深く照射するのがIPL方式の脱毛、波長を変えてそれぞれの役割に合った効果を発揮しています。
脱毛効果と共に美白への効果あるので、黒ずみを改善する働きが期待できます♪

また、脱毛サロンで施術の前や施術後のお肌の鎮静に使用されるジェルには、美容成分がたっぷりと配合されています。しっかりと美容成分が浸透する事で、お肌の水分量が保たれ、乱れてしまったお肌のターンオーバーを正常化してくれることも期待できます。

黒ずみ・色素沈着があってもサロンで脱毛できる?

黒ずみや色素沈着があっても脱毛サロンでの施術は可能ですが、“酷い”黒ずみや色素沈着があると脱毛サロンでの施術を断られてしまうのは事実です。
これは脱毛サロンの脱毛方式によって対応が変わってしまうのですが、その理由はどうしてなのでしょうか?

IPL方式の光脱毛(キレイモ・銀座カラーなど)

脱毛サロンのほとんどが採用している「IPL方式の光脱毛」、大手サロンだとキレイモや銀座カラーがこの方式を採用しています。
黒いムダ毛に反応する特殊な光を当てて、ムダ毛を伝って毛穴の奥にある毛母細胞や毛乳頭に熱刺激を与えてムダ毛の再生を抑制する方式です。

先ほどもご紹介しましたが、IPL方式のマシーンが放出する光は、エステティックのフォトフェイシャルと酷似した波長の為、脱毛効果がとても高く美肌効果も同時に得られるメリットがあります。

IPL光はムダ毛以外の「黒い物」にも反応してしまう為、酷い黒ずみがあるとその部分にも熱エネルギーを与えてしまいます。火傷のリスクが高まる為、施術を断られてしまうことがあるのです。

ムダ毛の黒色よりも薄茶色の色素沈着や薄い黒ずみは、IPL光が反応しづらい為、施術をすることが可能!サロンや施術者の判断になるので、無料カウンセリング等で相談してくださいね!

SSC方式の光脱毛(ミュゼなど)

大手サロンだとミュゼが採用している「SSC方式の光脱毛」は、お肌のトラブルが少ないというメリットがある脱毛方式です。

IPL方式の脱毛とは仕組みが異なり、抑毛成分の含まれたジェルを塗布し、その上から光を当てて抑毛成分をお肌に浸透させてムダ毛の再生を抑制してくれます。

IPL方式ほどではありませんが、熱エネルギーを使用している為、黒ずみがある場合の施術は担当者の判断次第!不安な方は無料カウンセリングで相談してみましょう。

酷い黒ずみがあると脱毛施術は諦めるしかないの?

酷い黒ずみで施術を断られてしまった…という方は、「シミの漂白剤」とも呼ばれている美白成分「ハイドロキノン」が配合されているドクターズコスメや、黒ずみ対策のクリーム等でまずは黒ずみや色素沈着を改善すれば脱毛できるのでご安心を!
もちろんカミソリや毛抜きなどといった自己処理を控えること事も必要でしょう。
お肌のターンオーバーは個人差がありますが、約25~45日をかけて一周します。この期間に意識して集中ケアしてあげると、黒ずみや色素沈着を改善する事が出来ますよ♪

黒ずみ・色素沈着が出来てしまう原因は?

気になるお肌の黒ずみや色素沈着は、どうして出来てしまうのでしょうか?部位によって様々な原因があるのですが、主な原因は4つあります。

  • 原因1 剃刀カミソリや毛抜き等、長年の間違えた自己処理
  • 原因2 下着のゴムや生理用品、デニムや矯正下着等による過度の擦れ
  • 原因3 お肌の乾燥によるターンオーバーの乱れ
  • 原因4 できもの出来物や肌荒れ等の外傷によるもの

私たちのお肌は、過度の刺激を与えられると自動的にお肌のバリア機能であるメラノサイトが活発化してしまいます。メラノサイトはお肌を守るためにメラニン色素を作り出し、お肌を黒くしてしまうのですメラノサイトは過度の外部刺激の他、紫外線にも反応してしまいます。日焼けをするとお肌が黒くなってしまうのは、同じ原理です。

メラノサイトと黒ずみのカンケイ

外部刺激からお肌を守ろうとするメラノサイトは、黒いメラニン色素を作り出してしまい、その部分のお肌が黒ずんでしまいます。

カミソリで頻繁に肌を擦る、毛抜きを使って毛穴を炎症させる、下着のゴム等が同じ部分を擦る…意識しないほんの少しのお肌への負担が頻繁に積み重なることにより、お肌に黒ずみが出来てしまうのです。しかもワキやVIOという部位は、皮膚が薄くてとてもデリケート、少しの摩擦でもすぐに黒ずみや色素沈着が起きてしまいます。

乾燥によるお肌のターンオーバーの乱れも原因の一つ。ターンオーバーが乱れてしまうと、本来古い皮膚となって剥がれ落ちるはずのお肌がそのまま残ってしまい、お肌が黒ずんで堅くなってしまうのです。

また、外傷・ヤケド・アトピー等が原因の黒ずみは、炎症が主な原因です。殺菌する為に体が活性酵素を分泌するのですが、その際にメラノサイトが過剰に反応してお肌に黒ずみや色素沈着となって残ってしまいます。

黒ずみの解消法は?

黒ずみを解消するとひと口に言っても、そのアプローチは2つあります。

  • 黒ずみを抑える
  • 黒ずみを治す

2つのアプローチから、最終的にたどり着く解消法は次の3つです。

  1. 正しいやり方で自己処理する
  2. 「ハイドロキノン」を塗る
  3. 脱毛サロンに通う

それぞれ一体どういうことなのか、詳しく見ていきましょう。

黒ずみを抑える

黒ずみを抑える=正しいやり方でムダ毛を自己処理することです。

後ほど改めて解説しますが、自己処理は色素沈着を生む原因のひとつ。

これ以上黒ずみを作らないようにするためにも、現状を悪化させないためにも、正しい自己処理の仕方を覚えておきましょう。

黒ずみを治す

黒ずみを治す=根本的に黒ずみを消す方法です。

具体的には、色素沈着に効果的な「ハイドロキノン」が配合された化粧品を使用すること、そして冒頭で登場した「脱毛サロン」に通うのも、実は立派な解決法のひとつ。

中でも脱毛サロンは、施術を重ねるにつれてどんどん自己処理の必要がなくなっていくので、「抑える」「治す」を両方叶えることができておすすめです。

続いては、今ご紹介した3つの解決法について、さらに掘り下げて解説します!

正しい自己処理で黒ずみを抑えよう

まずは、ぜひ覚えておきたい正しい自己処理の方法から。 そもそも、なぜ自己処理が黒ずみの原因になってしまうのでしょうか。

黒ずみの原因って?

カミソリや毛抜きなどで自己処理をすると、肌に大きなダメージを与えてしまいます。

私たちの肌には、そういった刺激からお肌を守ってくれる「メラニン」という色素があるのですが、実はこのメラニンが黒ずみの正体。

間違った自己処理を繰り返すたびにどんどんメラニンが生成されていって、積もり積もると色素沈着になるのです。

ワキやVIOなどのデリケートゾーンは、全身の中でも特に傷付きやすい部位。

そのため、デリケートゾーンは他の部位に比べて黒ずみが発生しやすいんですね。

なるべくメラニンを刺激しないようにするためにも、正しい自己処理は欠かせないというわけです。

正しい自己処理の方法

自己処理するなら、カミソリや毛抜きよりも肌への負担が少ない電気シェーバーを使うのがおすすめ。

同じところを繰り返し剃るのではなく、毛の流れにそって1回で剃りきるようにしましょう。

特に、ワキはくぼみを平らにした状態で、VIOはあらかじめハサミで短くカットしてからゆっくり剃るのがポイントです。

また、ムダ毛を処理したあとはしっかり保湿して、肌の状態を整えます。

よりダメージを抑えたい場合は、氷や冷水で冷やしてあげるのもポイントです。

<特集>自己処理が面倒というあなたにおすすめ!

「ハイドロキノン」で黒ずみをきれいに治そう

次にピックアップするのは、「黒ずみを治す」方法のひとつ目、黒ずみに効果的な「ハイドロキノン」です。

ハイドロキノンは、巷で「肌の漂白剤」と呼ばれているほど強力な美白成分。

黒ずみの正体、メラニンが作られるのを阻止してくれる働きがあり、美白成分として有名なプラセンタの100倍も美白効果があると言われています。

このハイドロキノンが配合されたクリームなどを肌に直接塗ることで、色素沈着を治していくのです。

ハイドロキノンの落とし穴

ただ、ハイドロキノンは強力すぎるゆえに、肌への刺激も強いというデメリットがあります。

デリケートゾーンに使用する際は特に注意が必要ですし、敏感肌の方は医師に相談が必要な場合もあります。

そして、いくらハイドロキノンで黒ずみが消えるように促していても、その間自己処理をやり続けているのでは焼け石に水です。

自己処理は一生付きまとう問題なので、残念ながら根本的な解決にはなりません。

黒ずみに悩む人に1番いい解決法は脱毛サロン

そこで登場する最後の砦が、脱毛サロンです。

なんといっても、脱毛サロンならこれ以上の黒ずみを抑えられるのはもちろん、これまでにできてしまった黒ずみをきれいにする効果もあり、ダブルでおすすめ!

具体的になぜ黒ずみには脱毛サロンが良いのか、3つの理由をご紹介します。

1

自己処理の回数が減る

脇やVIOを自己処理する回数が減ると、それだけ肌を刺激する頻度も減って、メラニン=黒ずみの正体が作られにくくなります。

脱毛サロンで施術してもらうと、大体1~2週間程度で今生えている毛が一旦抜けて、しばらくは自己処理しなくても大丈夫な期間ができますし、脱毛が進むにつれて毛はどんどん生えにくくなるので、自己処理のペースもどんどん減っていくでしょう。

3

ジェルや保湿クリームに美白効果がある

脱毛サロンによっては、施術で光をあてる際に使用するジェルや、光をあてた後の保湿クリームなどに、美白効果があるものを使っていることもあります。

その代表がキレイモ「プレミアム美白脱毛」で、施術後の保湿に美白成分を配合したオリジナルクリームを塗ってもらうことができます。

この「プレミアム美白脱毛」は、通常のコースに比べて少し値段がアップしてしまうのですが、水溶性プラセンタエキスに加えて、色素沈着の予防に効果的なアーティーチョークエキスも配合されているそうなので、かなり気になる!という方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

2

光に肌のトーンアップ効果がある

脱毛サロンでは、脱毛したい部位に光をあてて施術します。
このやり方をIPL脱毛といって、元々はエステサロンで肌をトーンアップさせる際に使われていた技術だったんです。

その技術に脱毛効果があることが分かり、現在では脱毛のほうが主流になっていますが、トーンアップ効果ももちろん健在!

IPL脱毛を受けることができるサロンには、銀座カラー・脱毛ラボ・キレイモなどがあります。

ワキとVラインの脱毛だけならミュゼがおすすめ!

お肌の黒ずみや色素沈着は、脱毛施術をすると改善されるというコトが分かりましたね。
気になるワキとVラインだけの脱毛なら脱毛サロン「ミュゼ」がおすすめ!
ミュゼを初めて利用する方が契約できる「美容脱毛6回コース」は、ワキ+Vラインを回数・期間無制限で徹底的に処理する事ができて価格はなんと2千円強,400円(税抜)!!満足いく状態まで仕上げられるのにこの価格は破格ですよね♪
定期的にキャンペーンをしているので、更に値引きされる事も!こまめに公式HPをチェックしてくださいね♪

今月のミュゼのキャンペーンを確認する>>

最終的なコストを下げるなら全身脱毛がおすすめ!

「ワキやVラインのみ」とこだわりがあるのならいいのですが、ムダ毛処理が完了すると「次はウデも!」「次はIラインも!」と、必ず他の部位の脱毛をしたくなります。少しずつ部位を追加していくと費用もかかるし、時間も勿体ない!
思い切って全身脱毛をすると、最終的なコストをグっと下げられるのでオススメです◎

キレイモなら他のサロンでは含まれていない顔やVIOも全身に含まれているので、全身余すところなく施術が可能です♪

「安さ」・「予約」・「口コミ」を3つのポイントから全身脱毛を総合評価

ワキやVIOの黒ずみに悩む前に!

ご紹介してきたように、黒ずみの解消と予防、ダブルの効果が期待できる脱毛サロンは、黒ずみに悩んでいる方の強い味方。

これから脱毛サロンを探してみようかな?と思っているみなさんには、お得に通える脱毛サロンがおすすめです。

ワキとVIOそれぞれの人気サロンランキングもご用意してみましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

こちらの記事もよく読まれています

 
ページのトップへ
ページのトップへ