脱毛ポリス > 知識まとめ > 脱毛サロンで導入している機械で効果は差があるの?マシンを徹底比較

脱毛サロンで導入している機械で効果は差があるの?マシンを徹底比較

2426 views
脱毛サロンで導入している機械で効果は差があるの?マシンを徹底比較のイメージ

「脱毛サロンなんて、結局どこも同じでしょ?」と思っている方、大勢いらっしゃるのではないでしょうか?
それって実は大きな誤解で、脱毛サロンはそれぞれ施術法や導入している脱毛機が違うので、脱毛効果の出方や施術スピードが変わってきます。
今回は大手サロン各社の脱毛機を徹底比較し、それぞれの特徴や脱毛効果の高さ等をまとめてみました。

サロン 導入機械/施術時間 種類
キレイモ 純国産の自社開発脱毛機(IPL方式)/全身120分 ・ワンショット式で照射面積が広い
・ヘッドに冷却装置が付き痛みをほとんど感じない
・冷却ジェル不要
・流行の連射式脱毛機よりも脱毛効果が高い
銀座カラー 自社開発の連射式脱毛機(IPL方式)/全身60分 ・連射式なのにハイパワー
・産毛にも効果が高い
・シミやほくろがあってもOK
ミュゼプラチナム イタリアDEAK社・P.S.クリプトン
(S.S.C方式)/全身90分
・連射式でスピーディー
シースリー 純国産の脱毛機
① ルネッサンスGT
② C3-GTR
(IPL方式)/全身45分
① ルネッサンスGTは全身を4回に分けて施術
② C3-GTRは連射式なのにハイパワー
脱毛ラボ イタリアDEKA社
① 「M.S.F.T.クリプトン」
② 「P.S.クリプトン」
③ 「クリプトンSEV
(通称ラボマシンガン)」
(S.S.C方式)/全身60分
コースや店舗により取り扱い機種が異なる
① M.S.F.T.クリプトンはボディがコンパクトで、顔やバストトップ周辺の施術用
② P.S.クリプトンは連射式、90分で全身完了
③ クリプトンSEVは連射式
ディオーネ
純国産の美肌脱毛
「ハイパースキンKAREN」(ハイパースキン法)
・敏感肌、日焼け肌、黒ずみ、アトピーもOK
・3歳から脱毛ができるほど無痛
・産毛にも効果あり
・効果を実感し始めるのが遅い
ラココ 美容脱毛機「ルミクス」(SHR方式 / 蓄熱式脱毛)/全身20~40分 ・日焼け肌、黒ずみOK
・産毛にも効果が高い

各サロン導入しているのはIPLかSSCに集中

サロンで導入されている脱毛法は主に4つありますが、大手サロンが採用しているのはIPL方式とS.S.C方式です。

IPL方式 IPL(インテンスパルス)方式とは、複数の波長をもつ黒いメラニン色素(ムダ毛)に反応する特殊な光をお肌に照射し、ムダ毛を伝って毛穴の奥にある毛母細胞や毛乳頭に熱で刺激を与え、ムダ毛の再生を抑制する脱毛法です。
S.S.C方式 S.S.C(スムース・スキン・コントロール)方式とは、抑毛成分が配合されたジェルを塗布し、その上からクリプトンライトを照射し、抑毛成分を毛穴に浸透させ、ムダ毛の再生を抑制する脱毛法です。
ハイパースキン法 ハイパースキン法とは、今生えているムダ毛に効果のあるIPL方式やS.S.C方式とは違い、毛周期の休止期に当たる毛穴にある発毛因子に効果のある特殊な光をお肌に照射し、発毛自体を抑制する方法です。
SHR方式 SHR(蓄熱式脱毛)方式とは、ジェルの上から広範囲に弱めの光を連続照射し、ムダ毛そのものではなく、毛を包み込む毛包に働きかけ、ムダ毛の再生を抑制します。

脱毛効果の出方に関しては、
【IPL方式 ≧ S.S.C方式 >ハイパースキン法=SHR方式】
というのが現状で、ハイパースキン法やSHR方式は産毛などにも効果があって注目なのですが、まだ開発されて間もないため、今後の発展に期待です。
同じ施術法でも採用している脱毛機が違うので、痛みの感じ方・脱毛以外の効果・施術にかかる時間等に違いが出てきます。

各サロンの導入している脱毛機を徹底解説

人気サロンが採用している脱毛機を徹底的に調べてみました。各サロン個性豊かなので、特徴をしっかりと抑えておきましょう。

キレイモ(IPL方式)

キレイモは、純国産の最先端自社開発の脱毛機を導入しています。近年連射式の脱毛機を導入するサロンが増えている中、脱毛効果を重視し、あえてワンショット式の脱毛機にこだわっています。連射式の脱毛機に比べると全身脱毛にかかる時間が少し長いですが、脱毛効果が高いのが一番重要ですよね!
IPL光が出る照射ヘッドには冷却装置が搭載されているため、冷却ジェルの塗布が必要なし!ジェルを拭き取る時間の短縮ができ、冷却ジェル特有の「ヒヤッ」とする感覚もなく、しかも痛みをほとんど感じることなく施術を受ける事が可能です。
ワンショットの照射面積が広めに設計されているので、他のワンショット型の脱毛機に比べるととてもスピーディーです◎

施術後の保湿ローションについて

仕上げの保湿ローションには、グロブラリアコルジホリアカルス培養エキス・ハナショウガエキス・カフェインが配合されており、脱毛効果と共に引き締め効果が期待できます。脱毛と同時にスリムアップ効果が期待できるサロンは、大手サロンの中ではキレイモくらいで、ダイエット中の方やお肌のたるみが気になる方には嬉しいサービスと言えるでしょう。

銀座カラー(IPL方式)

銀座カラーは自社開発のオリジナル脱毛機を導入しています。2015年11月から現在の連射式の脱毛機に移行したのですが、何よりも注目したいのが「連射式なのに脱毛効果が高い」ということ。一般的なIPL方式の脱毛機ではシミやホクロに白いテープを張らなくてはいけませんが、銀座カラーの脱毛機は火傷のリスクを伴う危険な波長をカットしている為、シミやホクロがあってもそのまま施術OK!産毛や細い毛にも反応しやすく、口コミでも従来機よりも確実に効果が高くなっていると好評です。

施術後の保湿ローションについて

施術の後には無料で保湿・鎮静のローションを塗布してくれるのですが、銀座カラーオリジナルの「美肌潤美」という高保湿のミストシャワーをオプションで選択する事が可能です。
施術の熱で水分量が低下しているお肌に、ヒアルロン酸・コラーゲン・天然ハーブをはじめとする6種類の美容栄養成分を高圧噴射することで、赤ちゃんのようなプルプルお肌へと導いてくれます。

ミュゼプラチナム(S.S.C方式)

ミュゼ全店舗に導入されているのは、医療メーカーとして世界的に名高いイタリアのDEAK社が開発した「P.S.クリプトン」で、従来機よりも施術時間が約50%に短縮され、快適に施術を受ける事が可能です。
キセノンランプを搭載しているIPL方式よりもお肌に優しく施術ができるので、施術の痛みや肌トラブルもほとんどありませんが、脱毛効果はIPL方式に比べると少し落ちてしまいます。また、実際にミュゼに通っている方の中には「従来機の方が脱毛効果が高かった」との意見もあるのが気になる部分です。

施術前後のジェルについて

S.S.C方式なので予め抑毛効果のあるジェルを塗布するのですが、冷却タイプから自社開発の常温タイプに改良され、不快感なく施術を受ける事が可能!施術の後にプラセンタエキスを配合した自社開発のトリートメントをしてくれるのも魅力的です。

シースリー(IPL方式)

シースリーは「C3-GTR」と「ルネッサンスGT」という2種類の脱毛機があり、コースの内容によって脱毛機が異なります。「C3-GTR」は連射式なのにハイパワーで産毛にも効果が高く、大手サロンの中では最速の45分で全身施術をすることができるのですが、コースが少々お高いというデメリットが。「ルネッサンスGT」は旧型機になり、全身全ての対象パーツを完了するのに4回サロンに通わなければいけません。
現状全店舗にC3-GTRが導入されていないので、無料カウンセリングで取り扱いがあるかを確認しましょう。

施術前の保湿ローションについて

シースリーでは施術の前に保湿成分であるヒアルロン酸がたっぷりと配合されたジェルを塗布してくれます。施術の後にはしっかりと冷却をしてくれるので、ホームケアの手間も省けて楽ですよ♪

脱毛ラボ(S.S.C方式)

医療メーカーとして世界的に名高いイタリアDEAK社が開発した開発している脱毛機を導入しています。機種は「M.S.F.T.クリプトン」「P.S.クリプトン」「クリプトンSEV(通称:ラボマシンガン)」の3種類があり全身を60分で完了する連射式のクリプトンSEV(ラボマシンガン)に移行をしていますが、店舗によって取り扱っている機種が異なるので注意が必要です。
ミュゼと同じく、キセノンランプを搭載しているIPL方式よりもお肌に優しく施術ができるので、施術の痛みや肌トラブルもほとんどありませんが、脱毛効果はIPL方式に比べると少し落ちてしまいます。

施術前後のジェルについて

光を当てる前に塗布するジェルには、抑毛効果のあるフィリニーブ成分やダイズイソフラボン成分が配合されています。施術前・施術中・施術後の3回お肌を保湿するので、しっかりとお肌の潤いもキープしながら施術を進める事が可能です。

ディオーネ(ハイパースキン法)

ディオーネが導入しているのは純国産の「ハイパースキンKAREN」、IPL方式でもS.S.C方式でもなく、独自開発の「ハイパースキン法」の脱毛機です。
日焼け肌・敏感肌・アトピー肌・酷い黒ずみでも施術OK、3歳の子供でも施術ができるほど全く痛みが無い、産毛にも効果が高いというメリットがあり、他のサロンでは絶対に施術ができない乳輪の内側にある濃いムダ毛も施術が可能です。
ただ、今生えているムダ毛には効果が無いため、IPL方式やS.S.C方式のように数週間後にムダ毛が抜け落ちる事がなく、脱毛効果を実感し始めるまで時間がかかってしまいます。
開発されてから間もないので脱毛効果を実証するデータが無い、料金が高いというのもデメリットです。

施術後の保湿ローションについて

施術の後には、黒ずみ・ニキビ・アトピーに働きかけてくれる、美顔専用の美白美容液でしっかりとアフターケアをしてくれます。保湿効果と共に美白効果が期待できるのは嬉しいポイントですね♪

ラココ(SHR方式 / 蓄熱式脱毛)

脱毛機メーカーがプロデュースしているラココが導入しているのは、SHR方式の美容脱毛機「ルミクス」です。ムダ毛に熱を加えるのではなく、広範囲を温めていく施術で、全身脱毛を業界最速の20分で完了する事が可能!毎月施術ができる・産毛にも効果が高い・痛みが無いというメリットがありますが、ハイパースキン法と同じく脱毛効果を実証するデータがまだない・料金が他のサロンとそんなに変わりないというのが現状です。
施術時間を絶対に短縮しないといけないという方や、日焼け肌・もともと色黒の方・黒ずみがあって他のサロンで断られたという方ではないと、ラココに行くメリットはあまりないでしょう。

施術後の保湿ローションについて

施術後には12種類の天然植物成分がたっぷりと配合された抗菌・保湿・鎮静ジェルを塗布してくれます。炎症からお肌を守り、デリケートなお肌をしっかりとケアしてくれますよ♪

結局、全身脱毛はどこでやるのがいいの???

各サロンが採用している脱毛機によって、脱毛の仕組みは勿論、脱毛効果・施術時間・脱毛と同時に得られる効果等に違いがあるということが分かりましたね。 施術時間の長さや、脱毛と同時に得られる美肌やスリムアップ効果も大切だけど、一番重要なのは「脱毛効果の高さ」ではないでしょうか?各サロンに導入されている機種の特徴を踏まえ、脱毛効果の高さに注目をしてランク付けしてみました。

サロン サロン名 脱毛効果 全身施術時間
1位 キレイモ 120分
2位 銀座カラー 60分
3位 シースリー 45分
4位 脱毛ラボ 60~90分
5位 ミュゼプラチナム 90分
6位 ディオーネ 120分
7位 ラココ 20~40分

施術時間が少し長くなりますが、脱毛効果を重視するなら絶対にワンショット式のキレイモがおすすめです。少しでも気になるなら、まずは無料カウンセリング!パッチテストで痛みの感じ方や施術内容、サロンの雰囲気等をチェックしましょう。

⇒ 全身脱毛サロン大手5社の口コミはコチラ
⇒ 安いけど安心できる脱毛サロンの選び方とは?

こちらの記事もよく読まれています

 
ページのトップへ
ページのトップへ