脱毛ポリス > 知識まとめ > 埋もれ毛を除去せよ!脇にできやすい埋没毛の治し方

埋もれ毛を除去せよ!脇にできやすい埋没毛の治し方

13546 views
埋もれ毛を除去せよ!脇にできやすい埋没毛の治し方のイメージ

埋もれ毛を治すには脱毛がおすすめ!埋没毛の原因や対処法

ムダ毛を処理して表面はツルツルになったけど、よく見たらまだポツポツ黒いものが見える…それって実は「埋没毛」と呼ばれる埋もれ毛なんです。
原因は自己処理のやり方にあり、無理に取ろうとすると色素沈着などさらなる悪影響を招きかねないのが埋没毛の怖いトコロ。

そこで今回は、埋没毛になってしまったときの正しい対処法と、埋没毛を予防するためのポイントを合わせてご紹介します。
埋もれ毛の治し方を知りたいみなさん、ぜひ参考にしてくださいね。

できてしまった埋没毛をキレイにするにはどうすればいい?

埋没毛を毛抜きやピンセットで抜いても大丈夫?

埋没毛ができてしまった時についやりがちなのが、毛抜きやピンセットを使って埋もれた毛をほじくり出す、という処置です。毛穴をふさぐ薄い皮膚を切って毛を出す、なんて方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、これらの方法で毛穴の中から体毛を取り除くのは絶対やめましょう!なぜなら、肌や毛穴が傷つき、ますます埋没毛ができやすい肌環境となってしまうためです。

実は、埋没毛は時間の経過と共に自然に分解され、皮膚の外に出ていきます。気になるからといって器具でほじり出す、指でつまむ・触れるなどの行為はNGだと覚えておいて下さいね。

埋没毛どうする?治す方法はこれ!

放置するのが1番の対処法

埋もれ毛に対して自分でできる唯一の対処法、かつ1番の近道は「放置すること」。
「放っておいたらますますヒドイことにならない?」と心配な方もいらっしゃるかもしれませんが、埋没毛は放置してしばらくすると自然と表面に出てきて、そのまま抜けていきます。

逆に1番やっちゃダメなのが「無理やり抜こうとすること」で、埋まっている毛を抜く=肌をほじくり返すことになるので、100%肌を傷付けてしまいます。
傷付いた肌の毛穴は炎症を起こし、炎症が悪化すると毛嚢炎になってしまう可能性があります。また、それがきっかけで色素沈着を引き起こし、将来的なシミの予備軍になってしまうことも少なくありません。

こういった肌トラブルを招かないためにも、埋没毛を強引に抜こうとするのは絶対NG、とにかく触らず放置しておくことが1番の対処法なのです。

脱毛が埋没毛ケアに効果的

少し長期的な対策ですが、医療用のレーザー脱毛や、脱毛サロンで光脱毛を行うのが一番効果がある埋没毛ケアです。
このあとお話ししますが、そもそも埋没毛は”自己処理”によって起こってしまうことがほとんどなので、自己処理の回数を減らすことが埋没毛のケアには大切です。サロンに通えばだんだん毛が生えにくくなるため自己処理が減り、埋没毛になるリスクも小さくなりますね。
また、脱毛サロンでは施術の際保湿をしっかりしてくれるため、埋没毛を防ぎながらさらにキレイな肌を目指すことが出来ますよ。

それでも気になって放置できない!他の対処法は?

放置するのが1番だと分かっていてもやっぱり気になる、もうすぐ肌見せの予定があるから少しでも早く埋もれ毛を治したい…そんなみなさんには、次の3つの対処法をおすすめします。

そもそも埋没毛はなぜできるの?

そもそも埋没毛はなぜできるの?

埋没毛ができやすい状態を引き起こす原因は?

埋没毛の原因=毛穴をふさいでしまう原因は、主に乾燥と自己処理の2つ。
それぞれ対策法とともに、詳しくチェックしていきましょう。

乾燥

乾燥すると、肌が新しく生まれ変わる機能=ターンオーバーの働きが鈍くなり、古い角質が溜まってしまいます。
古い角質が取り除かれないまま肌表面に溜まり続けると、毛穴が詰まって埋没毛になってしまうのです。
乾燥を解消するには、ボディーローションやボディクリームでの保湿が欠かせません。
お風呂上がりはもちろん、乾燥が気になるときには1日何度でも、埋没毛が心配な部位を保湿しましょう。


自己処理

実はこれが1番の原因といっても過言ではないのですが、肌が傷付くときといえばやっぱり自己処理を行ったとき。
それもカミソリ・毛抜き・除毛クリームが肌を傷付ける三大自己処理法で、それぞれに次のような危険ポイントがあります。

カミソリ

誰もが1度は使ったことがあるであろうカミソリですが、ムダ毛とともに肌表面の角質まで削ってしまい、肌を守る機能が落ちてしまうという危険ポイントがあります。
カミソリ負けして肌が赤くなってしまうのもこれが原因。
特にお風呂で肌が柔らかくなっているときは、角質がはがれやすく要注意です。

また、カミソリで処理したムダ毛は先端が鋭くなってしまい、埋没毛になりやすい毛先の状態を生み出してしまう原因にもなります。

毛抜き

自然に抜ける前の毛を毛抜きで無理やり引き抜けば、毛穴から出血したり炎症を起こしたりするのはある意味当然の話。
脱毛テープやワックスでベリッと一気に引き抜く場合も同じで、毛穴や毛穴周りの角質にダメージを与えることは避けられま せん。

除毛クリーム

除毛クリームを使うと、ムダ毛が生えている毛穴以外にも薬品を塗ることになり、広い範囲で角質がはがれてしまいます。
除毛クリームはアルカリ性の薬剤でムダ毛を溶かすものなので、肌の一部もごくわずかですが溶けてしまうことがあり、肌にとって負担が大きいことは想像できますよね。

このように、自己処理には肌を傷付ける危険がいっぱい。
自己処理するのをしばらくやめてみるのも、ひとつの対策です。

ムダ毛が気になって自己処理をやめるのはムリ・・・
(参考:激安脱毛サロンを教えて!

埋没毛ができやすい部位は?

肌の中には、そもそも埋没毛ができやすい部位もあります。
それがワキやスネ・ヒザ、VIOラインです。

  • ワキ:他の部位に比べて頻繁にムダ毛処理をする場所
  • スネ・ヒザ:目立ちやすい太い毛が生えてくる場所
  • VIOライン:毛の成長が遅く、1度埋没毛になったらなかなか治りにくい場所

それぞれの上記のような特徴があり、ここに挙げた部位以外にも、「私はヒジ下をよく自己処理する…」といった場所があれば、そこがあなたの埋没毛になりやすい場所。
傷付けないよう、特に注意しておきましょう。

特に埋没毛になりやすい、ワキやVIOで人気の脱毛サロンもピックアップしています。
ワキやVIOは格安で始められるサロンばかりなので、ぜひチェックしてみてください!

埋没毛を予防したい!キレイな肌を保つために

埋没毛の原因と対策は分かりましたが、保湿はともかく自己処理をやめるのはちょっと…と抵抗感のある方も少なくないでしょう。
だって、それではムダ毛が伸び放題になってしまいますよね。

この問題を解決してくれるのが、脱毛サロンでの脱毛です。
気になるお金のことも、最近はどんどんリーズナブルなプランが出てきていますし、埋没毛が心配な部位だけを選んで脱毛すれば、それこそ「こんなに安く脱毛できるんだ!」とビックリすること間違いなし。
もちろん全身脱毛で全身埋もれ毛の心配なし♪にしておくのもおすすめですよ。
今すぐ自分にぴったりの脱毛サロンを探してみましょう!

こちらの記事もよく読まれています

 
ページのトップへ
ページのトップへ