脱毛ポリス > 知識まとめ > 脱毛サロンで照射漏れ(打ち漏れ)があった場合どうなるの?再照射してくれるの?

脱毛サロンで照射漏れ(打ち漏れ)があった場合どうなるの?再照射してくれるの?

6939 views
脱毛サロンで照射漏れ(打ち漏れ)があった場合どうなるの?再照射してくれるの?のイメージ

脱毛で避けることができないのがフラッシュ光の照射漏れ(打ち漏れ)で、熟練したスタッフが気をつけていても、一定の割合で起こってしまいます。
照射漏れが起こった時に重要なのは、サロンの対応。照射漏れをした部分の保証は勿論ですが、照射漏れが起きないように日頃から対策を練っているサロンならば◎です♪
今回は照射漏れが起きやすい部位や見分け方、また大手各サロンの対応までまとめてみました。

どうして照射漏れが起きてしまうの?

脱毛をする部位は凹凸があったり、骨があったり…決して全てが平ではありませんよね。
特に照射漏れが多いと言われているのが、デリケートゾーンのVIOや凹凸のある部位です。

VIOが照射漏れしてしまう理由

VIOが照射漏れしてしまう理由

デリケートゾーンであるVIOは、凹凸があり、粘膜が近く、ムダ毛が様々な方向に向いて生えている特殊な部位です。
VIOの施術をする時、担当者は粘膜に当たらないよう注意をしつつ、凹凸のある皮膚を伸ばしてフラッシュ光を当てて行きます。ですが、皮膚を伸ばしながら照射していると、前に照射した部分を見落としてしまい、照射漏れをしてしまうことがあるのです。
また、VIOはムダ毛の生えている方向が全て異なるため、平な部位と同じように照射をしていてもフラッシュ光と毛穴が垂直にならない毛穴があるため、脱毛効果の出方に差が出てしまいます。

凹凸のある部位が照射漏れしてしまう理由

凹凸のある部位とは、フェイスライン・鎖骨・足首・ヒザ皿・ヒザ下のスネ部分・ヒジ等で、骨の影響でカーブがある部位です。
凹凸がある部分は平らな照射面が皮膚から浮いてしまい、ムダ毛にしっかりとフラッシュ光を当てる事ができず、均等に照射していても結果として照射漏れになってしまうのです。特に足首とフェイスラインは照射漏れしやすい部位なので、注意してチェックをしておきましょう。

照射漏れの判断はどうやってするの?

脱毛の効果があったムダ毛は平均的に1~2週間、遅くても3週間以内には必ずスルッと抜けます。
3週間以上経過しても施術を受けた部位のムダ毛が抜けない場合、それは脱毛効果が無かったムダ毛ということになります。
ですが、全てが「照射漏れが原因」ではなく、脱毛効果が無かった原因は他にもいくつかあり、見分け方を知っておく必要があります。

「一部だけ固まって(列になって)残っている」のは照射漏れ

照射漏れの特徴として挙げられるのが「一部だけ固まってムダ毛が残っている」「規則正しい列になってムダ毛が残っている」ということ。
以下のような状態であれば、照射漏れであることが多いと言えるでしょう。

例えば?

同じ日に施術を受けた他の場所は抜けているのに…
・4cm×2cm以内の大きさで、一部分だけごっそりとムダ毛が残っている。
・凹凸のある部位で凸の部分は抜けているのに、凹の部分にのみムダ毛が残っている。
・規則正しい列になってムダ毛が並んで残っている。

まばらに残っているのは照射漏れではありません

照射漏れと間違えやすいのですが、まばらにチラホラとムダ毛が残っている場合、これは照射漏れではありません。
9割以上の脱毛サロンの施術は「毛周期」という毛の生え変わりのサイクルの中の「成長期でなおかつ皮膚の上に出ている毛」にしか脱毛効果がありません。
施術の当日に「休止期に入っていた毛」や「成長期でも皮膚の上に出ていなかった毛(成長初期)」は脱毛効果がないためそのまま生えてきてしまいます。

思い出してみて…照射を避けられた部分は無かった?

施術当日のお肌のコンディションを見て、施術中に担当者から「この部分は○○なので、避けておきますね」と声をかけられる場合があります。ひどく乾燥している場合や、傷や化膿しているニキビがある場合、その部分を避けて施術をすることになります。またサロンによっては、剃り残し・シミ・ソバカス・ホクロがあると、その周辺も避けて施術をします。
数週間後にその部分にムダ毛が残っているのは、照射漏れではなく「照射ができず避けられた部分」なので、忘れないようにしっかりと覚えておきましょう。
施術中にうたた寝をしていて気付かなかったことも考えられるので、念の為にサロンに連絡をして施術のカルテをチェックしてもらいましょう。

ヒザやヒジは乾燥が原因かも

お肌が乾燥をしていると脱毛効果が出にくくなってしまいます。特にヒザやヒジなどは乾燥していることが多く、しっかりと照射をしていても効果が出にくい部位と言われています。
ゴッソリと一部分だけが残っているのであれば照射漏れの可能性もありますが、そうでないのであれば乾燥が原因で脱毛効果が薄れて毛が残っている可能性が高いです。ヒザやヒジは特にしっかりと保湿をするように心がけましょう。

照射漏れがわかったら、サロンになんて伝えればいいの?

照射漏れだ…と気づく機会は2回あります。
まず1回目は施術中、2回目は3週間以上経過しても全く抜けないと分かった時です。

施術中に気づいたら、その場ですぐに伝えて

施術中に「ん?この部分当たってないな…」と感じたら、「この部分に当たっていないので、もう一度当ててもらえますか?」と遠慮せずに担当者に伝えましょう。
避けなければいけない場所でない限り、ほとんどのケースですぐに当て直してもらえます。

後日照射漏れに気づいたら?

3週間が経過しても一向に抜けない場所がある…そんな場合、サロンによっては再照射等の対応をしてもらえるので、コールセンターや施術店舗、指定の問い合わせ窓口に連絡を入れましょう。
照射漏れのあった部分を再照射してもらうためには、大切なポイントが2つあります。
これを守らないと他のムダ毛と判断がつかなくなるため、絶対に気を付けてくださいね。

ポイント1:3週間~1か月以内に必ず連絡して対応を確認する
ポイント2:照射漏れの確認をしてもらうまで自己処理は一切しない


再照射の体験談

照射漏れ ミュゼプラチナムで全身脱毛コースライトAプラン6回をしました。
合計6回終って約3週間程経った頃、左手首の関節辺りにムダ毛が残っていたのです。他の部位のムダ毛はすっきり抜けて生えてこないので照射漏れだと思いました。
電話で「全身脱毛6回コースが終って3週間経っても一部分だけ毛が生えてくる」と伝えると「照射漏れか確認の為に来店を」という事を言われ3日後に行きました。
店舗責任者の方が手元と、そして写メを見て「照射漏れですね」と言いました。恐らくこの部分の照射が弱かったのだろうとの事、マジックで照射漏れ部分を囲んで5分程照射してもらいました。
責任者の方はこの手の対応に慣れた様子ですが丁寧に接してくれたので悪い気はしません。 また何かあれば「ミュゼプラチナムお客様相談室」にと言われました、再照射で無事ムダ毛が抜けたのでその後は行っていません。

大手5社の照射漏れ対応をヒアリング調査したよ♪

自分のミスではなく照射漏れで脱毛効果が得られなかったら納得がいかないですよね。
照射漏れに対する対応を大手5社のサロンに問い合わせをして調査し、表にしてみました。

サロン 対応内容
キレイモ ・コールセンターに照射漏れの連絡をし、来店予約を入れる(施術後2週間前後が目安)
・予約日にシェービングをしない状態で店舗に行って照射漏れの確認をしてもらう
・照射漏れと判断された場合は無料で再照射
銀座カラー ・施術には専用のマーカーを使用し、照射漏れを防いでいる
・コールセンターに連絡をし、直接施術担当者へ電話を繋ぐ
・施術のカルテと肌状態等を確認、必要があればシェービングをしない状態で来店し、確認をする
・照射漏れと判断された場合は無料で再照射
・施術から1か月以内ではないと対応不可
ミュゼ ・会員カードに記載されている電話番号に1か月以内に問い合わせをし、施術店舗にシェービングをしない状態で来店
・店舗で照射漏れの確認を行う
・照射漏れと判断された場合は無料で再照射
脱毛ラボ ・照射漏れが疑われる場合はすぐに施術店舗に連絡
・シェービングをしていない状態の対象箇所を店舗でチェックしてもらう
・照射漏れと判断された場合は無料で再照射
シースリー ・2~3週間経過しても抜けない場合、施術を受けた店舗に電話連絡をする
・シェービングをしていない状態で、照射漏れの判断を店舗でしてもらう
・照射漏れと判断された場合は無料で再照射

今回ご紹介した大手サロン5社は、照射漏れの対応をしっかりとしてくれる優良サロンなので安心です。

中でも、老舗サロンとして有名な銀座カラーは、照射漏れが起こらないよう施術中にマーキングをして照射漏れを最小限に防ぐ対策をしており、技術者のスキルも高いと評判のサロンです。

また、口コミで人気の高いキレイモは、「照射漏れがあった」という口コミがほとんど無い顧客満足度の高いおすすめサロンです◎

迷っているなら、まずは無料カウンセリング!満足度が高い優良サロンで、快適な脱毛ライフを始めましょう♪

無料カウンセリングはこちらからどうぞ♪

こちらの記事もよく読まれています

 
ページのトップへ
ページのトップへ