脱毛ポリス > 知識まとめ > 脱毛前の自己処理って?VIOも?サロンのシェービングサービスも要チェック!

脱毛前の自己処理って?VIOも?サロンのシェービングサービスも要チェック!

4129 views
脱毛前の自己処理って?VIOも?サロンのシェービングサービスも要チェック!のイメージ

脱毛前の自己処理は要注意。サロンのシェービングサービスも活用すべし!

「脱毛サロンに通うときって、ムダ毛は前処理しなくちゃいけないの?」――初めての脱毛前には、どんな準備をしておけばいいのか、分からないことがたくさんありますよね。 今回は、そんなみなさんの疑問にクローズアップ!

脱毛前の自己処理で気をつけるべきことをまとめました!サロンごとのシェービングサービスやオススメのシェーバーなども詳しくご紹介していきます。

なお、初回カウンセリングの際に施術はしませんので、前処理をして行く必要はありません。カウンセリングは気軽に行きましょう!

脱毛前の自己処理の注意点!

施術を受ける前に自己処理をしなければならないのはご存知の方も多いはず。ですが、この脱毛前の自己処理には、気を付けるべきポイントがいっぱいあるんです。きちんと守れていないと、最悪サロンで施術をお断りされることもあるので、これからご紹介する注意点6つをしっかり頭の中に入れておきましょう!

シェーバーで前処理を!毛抜き・カミソリはNG。

脱毛の前処理にはシェーバーを使うのがポイントです。 カミソリは肌の表面を傷つけてしまうため、あまりおすすめ出来ません。また、毛抜きだけは絶対に使用しないようにしましょう。

というのも、脱毛の効果を出すためには、毛の生え変わる周期=「毛周期」がとても大切。 毛周期が狂うと施術をしても正しい効果が得られず、毛抜きで無理やり毛を引っこ抜くことは、まさにこの毛周期を狂わせる原因になってしまうのです。 毛抜きによる自己処理には、毛穴へのダメージが大きいというデメリットもあります。

肌を守るためにも、毛周期を安定させてスムーズに脱毛を進めていくためにも、脱毛前の自己処理にはシェーバーを使用してください。

自己処理は前日までに

前処理は、サロンに行く1~2日前に済ませておくのがベストです。

「なんで?当日でいいじゃん」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、当日に自己処理して万が一肌に赤みや腫れが出てしまうと、その部分を施術してもらうことができなくなります。 逆に3日以上前の自己処理でも、当日までに伸びてきてしまうのでこれもまた施術を断られる原因に。

そこでちょうど良いのが、1~2日前になるというわけです。サロンでも前日までに自己処理してください、としていることが多いです。

剃り残しのないように

脱毛の光は毛の黒い部分(メラニン)に反応します。剃り残しがあるとそこだけ過剰に反応してしまい、強い痛みや肌トラブルを引き起こす危険も。 そのため、サロンによっては施術をお断り、または有料のシェービングサービスを利用しなければならないことになり、余計なお金がかかってもったいないんです。

特に以下のパーツは剃り残しが多い部分なので、よ~くチェックするようにしてください。

気を付けて!剃り残しチェックリスト

  • 太ももの裏
  • ふくらはぎ
  • 二の腕の後ろ・肩周り
  • 胸の下
  • ひざ小僧
  • 骨盤周り

皮膚が柔らかかったり、見えづらかったりする部分に剃り残しが多いと某サロンスタッフに教えてもらいました。明るい部屋で、いろんな角度から照明を肌にさらしながらやると剃り残しを回避できるそうです。

肌を傷つけないように

脱毛する部位に傷があると、その部分には脱毛の光をあててもらうことができません。 そもそも施術を断られてしまうこともあるので、前処理は慎重に行いましょう。

肌が乾燥する季節は特に、自己処理で傷がつきやすくなります。 元々乾燥肌の方はもちろん、普段あまり乾燥を感じない方も、予防で肌を保湿しておくのがおすすめです。

VIOの前処理は理想の形によって範囲を変えて

VIOも自分ではなかなか見えにくくお手入れしづらいですが、自分で前処理する必要があるサロンがほとんどです。また、VIOだけは他の部位と違い毛を残す部分を決めておく必要があるため、前処理がより重要になってきます。

ポイントとしては、最終的にどんな形や毛質にしたいか、理想を考えてみること!
今よりも毛質を柔らかく・薄くしたい場合は、一度生えている毛をすべて処理して照射する必要があります。逆に毛質は変えたくないという場合は、理想の形からはみ出る毛を処理します。
毛が長い状態では剃りにくいので、ハサミで短くカットしてからシェーバーで剃ると◎。剃り方としては、シェーバーをけが生える方向に合わせて上から下へ動かすと肌を傷つけにくいですよ。見えないところは鏡を使うなど、怪我をしないよう慎重に剃りましょう。

2回、3回と施術が進むにつれて処理すべき範囲も変わってくるので、サロンの方と相談しながら準備していきましょう。

自己処理ができない背中やうなじなどはどうすれば?

ここで気になるのが「どう頑張っても自分では見えない!」場所はどうしたらいいの?という疑問。背中やうなじなどはサロンの方が手伝ってくれることもあるので、あらかじめ問い合わせておくと良いでしょう。その際の料金の有無はサロンによって異なります。
これからサロンを決める方は、背中やうなじのシェービングが無料かどうかをポイントに選ぶのもおすすめです。

自己処理がしっかり出来たら、効果のあるサロンで脱毛したい!効果のあるおすすめのサロンは?

大手脱毛サロンのシェービングサービスは?

ここからは、剃り残しがあったときや自分では処理しにくい部位への対応をサロンごとに比較していきます。 料金の有無もサロンによって異なるシェービング、知らずに通うと損しちゃうかも!?

大手5社の対応を表にまとめてみました。

  お任せできる部位 剃り残し対応 シェーバー持参
キレイモ うなじ・背中・ヒップ・Oライン 可能(月額は有料) 不要
銀座カラー うなじ・背中・腰・ヒップ・Oライン 不可 フェイス用シェーバー
ミュゼ うなじ・背中・Oライン 不可 不要
シースリー 手の届かない部分 可能 店内購入or指定のシェーバー
脱毛ラボ 手の届かない部分 有料で可能 不要

キレイモ

剃り残しがあったときはもちろん、処理しにくい部位はシェービングをお任せすることができるキレイモ。

シェービング料金は、月額制プランだと1,000円/月です。 また、パックプランであればシェービング代は無料!一旦プラン料金を支払えば、その後は剃り残しや自分では処理にくい場所も無料でシェービングしてもらえるので、自己処理が負担にならず通うことが出来ます!。

銀座カラー

銀座カラーは、剃り残しがあるとその部分を避けた施術になります。 うなじ・背中・腰・ヒップ・Oラインは前処理できていなくても無料でシェービングしてもらえるので、無理に自分でやろうとせずサロンにお任せしちゃいましょう。

ミュゼ

ミュゼも剃り残しがあるとその部分を避けた施術になります。 うなじ・背中・Oラインは処理して行かなくても無料でシェービングしてもらえます。

脱毛ラボ

脱毛ラボの場合、剃り残しのシェービングは1回1,000円VIOと顔だと1,500円かかります。

剃り残していてもお金さえ払えばシェービングしてもらえるのは嬉しいですが、なかなか痛い出費になりそうですね。

シースリー

シースリーでは、剃り残しも背中などの手の届かない場所も無料でシェービングしてもらえます。

ただし自分のシェーバーを持って行くか、シースリーで販売しているものをその場で購入する必要があります。自分のシェーバーを持って行った場合でもシースリー指定のシェーバーでないと使用出来ません。

そもそも脱毛の料金はどこのサロンが安いの?サロンの安さ&安さの理由!

自己処理にオススメのシェーバー!VIOにも。

先述の通り、自己処理は一番肌に優しく毛が剃れるシェーバーを使いましょう! 中でもポリス一押しのシェーバーを三つで紹介します。

フェリエ(パナソニック)

脱毛サロンでもオススメのシェーバー「フェリエ」

フェリエは、c3(シースリー)やミュゼといった脱毛サロンでもおすすめされている電池式シェーバー。

ミュゼ専用シェーバー(フェリエ)

フェイス用とボディ用があり、どちらも水なしで剃ることができるので、気付いたときにいつでも自己処理できちゃいます。 フェイス用はスラッとしたペン型で、ポーチに入れて持ち運びやすいところも魅力です。

シルク・エピル(ブラウン)

ボディ用シェーバー「シルク・エピル(ブラウン)」

ボディ用シェーバーのシルク・エピルには、電池式と充電式の2つのタイプがあります。 電池式は1,700円程度のプチプラで、お試しで利用してみたいときにも気軽に購入できますね

水洗いができて、刃を清潔に保てるのも嬉しいポイントです。

Vライントリマー(ラヴィア)

VIO自己処理「Vライントリマー(ラヴィア)」

VIOの自己処理には、手こずってしまう人も多いのではないでしょうか。 ラヴィアのVライントリマーはVIO専用の電池式シェーバーで、デリケートゾーンも安心&スムーズに処理できます。

口コミでも使いやすいと評判なので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

シェービングサービスの充実している脱毛サロンを選ぶと安心!

剃り残しに対しては、どうしても厳しい脱毛サロンが多いですが、そんな中でもなるべくサロンにシェービングをお任せできちゃう!しかも代金は無料!というプランを用意してくれているところもいくつかありました。

中でも注目はキレイモのパックプラン銀座カラー。口コミでの評判などを総合的に考えてもおすすめのサロンです。 いちいち剃り残しを気にしたくない!というみなさんは、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

キレイモや銀座カラーがどんなサロンか気になる方は、ぜひポリスの潜入捜査をチェックしてみてくださいね。

こちらの記事もよく読まれています

 
ページのトップへ
ページのトップへ