脱毛ポリス > 知識まとめ > 全身脱毛を始めるベストな時期は?価格が安い、予約が取りやすい時期はあるの?

全身脱毛を始めるベストな時期は?価格が安い、予約が取りやすい時期はあるの?

4085 views
全身脱毛を始めるベストな時期は?価格が安い、予約が取りやすい時期はあるの?のイメージ

季節に関係なく1日でも早く始めるべし!

全身脱毛を始めたいけどいつ始めるのがいいんだろう、お得に始められる時期はあるのかしら?とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

全身脱毛を始めるベストな時期は”今”
全身脱毛を始める理想的な時期が”秋”

その理由をこれから解説していきます。ぜひ、参考にしてくださいね。

全身脱毛を始めるベストな時期は”今”

脱毛を始めるのは早いに越したことはありません。思い立ったら吉日というわけですね。
では、全身脱毛を始める時期として”今”がベストな理由を見ていきましょう。

早く脱毛を始めれば効果も早く実感できる

当たり前のことですが、脱毛は早く始めればそれだけ効果を早く実感できます。
脱毛は、効果を実感するまでに数ヶ月、完了するまでに1年以上必要な、時間のかかる施術です。開始するのに理想的な”秋”を待っていると、それだけ脱毛完了するのが遅れます。つるスベ肌を早く手に入れたい!と考えるのであれば、可能な限り早くスタートさせるのが一番。

早めに脱毛を始めることで肌ダメージを軽くできる

カミソリや毛抜きを使った自己処理は、肌に深刻なダメージを与えます。このダメージは炎症や色素沈着、乾燥肌、肌の老化などなど、様々な肌トラブルの原因となるもの。それだけに、美しい肌を保つためにも自己処理はいち早くやめたいところです。
そういった意味で、早めに脱毛することには大きなメリットがあると言えます。

年間を通してお得なキャンペーンがある

現在、脱毛サロンの店舗数が大幅に増え、脱毛業界は価格競争の時代に突入しています。そのため、どのサロンも顧客獲得のため、一年を通してお得なキャンペーンや割引プランを打ち出しています。
確かに、春夏は特に脱毛サロンのキャンペーンを目にする機会が多いですよね。しかし、これは肌の露出が増える春夏に、女性の脱毛意欲が高まることを受けてのこと。実際には、秋冬もキャンペーンが打ち出されています。このことを考えれば、いつ脱毛を始めても料金面でのメリットはそう変わりません。

モチベーションを保ちやすい

脱毛は、2~3年という長い期間、施術をコンスタントに重ねなければなりません。それだけに、いかにやる気を持続させるかが成功の鍵となります。
意気込みが強い時に始めることができれば、モチベーションも保ちやすいはず。「脱毛をやるぞ!」という希望や意識を持った時こそ、始めるのに最適なタイミングだと言えるでしょう。

脱毛はいつ始めればいいの?秋冬がいいってホント?

実は、脱毛を始めるのに1番いい季節なんてものは、そもそも存在しません。のっけからちゃぶ台返しをするような結論でビックリした方もいらっしゃるかもしれませんが、もしかしたらそんなみなさんは「脱毛スタートは秋冬がおすすめ」という情報をどこかで目にしたことがあるのではないでしょうか。

巷で「秋冬がおすすめ」と言われている理由として挙げられるのが以下の3つです。
  • ①夏に始めるのは遅い
  • ②秋冬は脱毛を始める人が少ないから予約が取りやすい
  • ➂夏は日焼けするからよくない
それってホントのところはどうなの?!捜査結果をご報告します。

①夏に始めるのは遅い

脱毛を始めてから自己処理が必要なくなるまで、どれくらいの期間がかかるかご存知ですか?
個人差はあるものの、脱毛完了までには大体2~3年かかるのが一般的です。 そうなってくると、いつ始めても効果を実感できるまでにはある程度の時間がかかり、始める季節に遅いも早いもありません。

「夏に始めるのは遅い」というのは、ムダ毛が気になる夏に脱毛を始めてもその夏のうちに脱毛が完了するわけではないよ、という意味で言われているだけなのです。

②秋冬は脱毛を始める人が少ないから予約が取りやすい

秋冬に脱毛を始める人が少ない、というのは確かにその通りかもしれませんが、だからといって予約が取りやすくなるわけではありません。 春夏に脱毛を始めた人がそのまま秋冬も通い続ければ、かえって混雑するくらいですし、混雑するサロンの予約システムはどんどん改善されてきています。 WEBから24時間予約が可能で、キャンセル待ちをできる機能があったり、脱毛マシンの進化で施術時間自体がこれまでよりも短縮されたりして、予約できる枠が増えているのです。

そういう意味では、いつ始めても予約の取りやすさは変わりません

③夏は日焼けするからよくない

これは確かに、その通りです。日焼けした肌は、紫外線によるダメージを受けています。その上から施術をするとさらに肌の状態を悪化させてしまうことになるので、肌が日焼けしてしまっている場合、脱毛サロンでは施術を断られることがあります。 もし仮に施術してもらえたとしても、正しい脱毛効果を得ることができません。なので、日焼けしやすい夏は脱毛には向かない季節なのです。

ただし!先ほどもお話したように、脱毛が完了するまでは2~3年サロンに通い続ける必要があり、その中にはもちろん夏も含まれます。いつ脱毛を始めたとしても、いずれ夏はやってくるのです。
夏がきても、日焼け止めクリームを塗ったり長袖のUVカーディガンを羽織ったりすれば、日焼けから肌を守ることはできますし、実際すでに脱毛サロンに通っている先輩方は、みなさんそうやって夏を過ごしています。

要するに、「秋冬に始めるのがいい」なんてことはない!いつ始めても結局2~3年はかかるので、季節に関係なく1日でも早く始めたほうがいい!というのが、今回の捜査で見えた真実なのでした。

キャンペーンのお得度が上がる

サロンやエステは一年を通してキャンペーンを打ち出していますが、実は、お得度が最も高いのは”秋”だとされています。

春夏は肌の露出が増えてムダ毛が気になる季節のため、広告やTVCMでキャンペーンを宣伝するだけでも、ある程度の新規顧客が見込めます。しかし、秋冬は脱毛意欲が落ちるので、顧客獲得のために、よりお得なキャンペーンを打ち出す必要があるのです。
コストパフォーマンスを重視する方は、”秋”のキャンペーンを狙うのがオススメです。

季節による脱毛の特徴

いつ始めても、すべての季節を経験することになる脱毛。それなら、季節ごとの特徴をおさえておいたほうが、もっと効果的に脱毛を進めることができますよね。
ここからは、シーズンごとの脱毛のメリット・デメリットをご紹介していきます。

春夏の脱毛のメリット・デメリット

脱毛サロンの施術を受けると、1~2週間で今生えている毛が一旦抜けます。うまくタイミングを合わせることができれば、ツルツルの美肌でお出かけできるのが春夏の1番のメリットです。
春夏は海やプールなど「キレイな肌でお出かけしたい♪」予定が多いですよね。でもカミソリなどで自己処理すると、どうしても毛穴がブツブツ目立ちがち。脱毛サロンで施術してもらえば、毛が抜けきらなくて残っている毛を自己処理しても、施術なしで自己処理するよりはだいぶキレイです。

一方、春夏のデメリットはやっぱり日焼けが心配なこと。紫外線がどんどん強くなっていく季節なので、脱毛をしている間は普段以上に日焼けに気を付けましょう。

秋冬の脱毛のメリット・デメリット

秋冬はそもそも肌を出すことが少なくなるので、自己処理するペースが落ち脱毛効果がアップします。自己処理の頻度が高いと毛質が太くなってしまう傾向があり、脱毛中はなるべく自己処理しないのが1番の近道なのです。

一方、秋冬は乾燥なこと。の季節。乾燥肌ではなくても、肌がカサカサしてしまって保湿クリームが手離せない!という方は多いでしょう。
春夏の日焼けと同じように、乾燥でダメージを受けた肌にも脱毛の施術をすることはできません。本来の脱毛効果が得られなくなるので、肌が乾燥しやすい人は日頃から保湿を心がけましょう。

今始めたら、いつ頃どの程度 脱毛できてるの?

今始めたらいつ頃、どの程度脱毛が進んでるか気になりますよね。
そこで、2ヶ月に1回のペースで6回(1年間)通った場合を表にしました。今日の月の行をチェックしてください。
今始めたら脱毛に向かない夏がいつ頃来るのかも知っておきましょう。

脱毛効果を実感するまで

今すぐ脱毛サロンに通い始めるには、どのサロンがいいの?

この時期までにこれくらいの効果を出しておきたい!という目標がある人もそうでない人も、順調に脱毛を進めるためには予約が取りやすいサロン脱毛の効果が高いサロンを選ぶのがポイントです。

脱毛サロンに通うのが初めてで不安な方は、失敗しないサロンの選び方をチェックしてみてください。きっと自分にぴったりの通いやすいサロンが見つかりますよ♪

無料カウンセリングに行こう♪

確かに、夏は脱毛に向いていない、秋はキャンペーンや予約の面でメリットが大きいといった季節ごとの特徴はあります。しかし、全身脱毛の場合は完了まで1年以上の時間が必要となるため、季節ごとの特徴は、脱毛効果やコストパフォーマンスに大きな影響を与えません。

となれば、脱毛に対する意識が高まっている”今”こそが、スタートに最も適したタイミングだと言えるでしょう。

脱毛をこれから始めようと検討中の方は、ぜひ無料カウンセリングなどを活用し、つるスベ肌への一歩を踏み出してください。

ベストな時期は今です。次は通うサロンを選ばなくてはいけませんよね。
おすすめのサロンはキレイモです。

キレイモ


こちらの記事もよく読まれています

 
ページのトップへ
ページのトップへ