AX
脱毛の口コミを大捜査!アノ評判は本当?【脱毛ポリス】 > 知識まとめ > 医療レーザー脱毛の仕組み

医療レーザー脱毛の仕組み

50 views

医療用レーザー脱毛の技術と効果は、格段に進歩しています。数種類の医療レーザーがありますが、現在、主流で使われている医療レーザーは、アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーです。医療レーザー脱毛施術は、施術者に関わらずほぼ同じ結果が得られるので、かつて行われていた針脱毛に比べると、失敗やトラブルが少ないのです。口コミやネットでの脱毛体験記をちょっと探してみてください、安心なさると思います。

アレキサンドライトレーザー

今その脱毛効果から永久脱毛の主流となっています。アレキサンドライトという鉱石を用いて、脱毛をする部位にレーザー光をあて毛や毛根、周辺組織にダメージを与えます。

1回の照射時間や医療用レーザーの出力は、きちんと制御されています。そのためまず最大の特徴が、「光脱毛は早い」ということです。実際の施術時間も、ジェルをとりのぞいたりするケアも含めて、美容クリニックでの滞在時間が短くて済むのです。次に、この脱毛機器は比較的容易に扱えるため、「意外にも医療脱毛は安い」かつ「医療レーザー脱毛クリニックは安心」だということです。

しかし、照射スポットが円形なのでしっかり重ねて打っていかないと、うち漏れが生じやすいとも言われています。

ダイオードレーザー

アメリカの厚生労働省であるFDAの認可を世界ではじめてうけたレーザーです。
皮膚冷却システムを内蔵しているので、コンタクトクーリング(直接肌を冷やす)ことでお肌への負担、トラブルを大きく低減することが出来ます。

アレキサンドライトの大きな違いは、波長を自在に変えることができるので、その人それぞれにあった照射ができるといわれています。

産毛などの細い毛にも効果的です。アレキサンドレーザーよりも新しく、これからのレーザー脱毛の主流はこちらになりつつあるようです。
レーザーの照射ヘッド面積が1cm×2cmと小さいので他の機械よりも時間がかかるという口コミ体験談はありますね。

アレキサンドレーザーよりも新しく、どちらかというと現在のレーザー脱毛の主流はこちらになりつつあるようです。

アレキサンドレーザーとダイオードレーザーはどちらがいいの?

では、レーザー脱毛ならアレキサンドライトとダイオードレーザーのどちらが良いのでしょうか?

それぞれ一長一短があるのでどちらが絶対的に優れているということはできず、全身脱毛なのか顔脱毛なのか、わきなどのムダ毛だけなのか、それぞれの用途に合わせて使い分けるべきでしょう。

痛みに関しては、アレキサンドライトのほうが痛かったという人もいれば、ダイオードのほうが痛かったという方もいます。

痛みは、非常に個人差が大きく両方受けて自分で比べるしかありません。私個人的にはアレキサンドライトのほうが楽でしたが、ダイオードのほうが楽という友人もいました。

ダイオードレーザーとアレキサンドライトの効果の差はほとんどありませんが、下記の二点だけは特徴があります。

産毛と美肌はダイオードレーザー

産毛など細い毛を脱毛したいなら、ダイオードレーザーがお勧めです。
脱毛部位として、顔周囲やおなかなどには適しています。
更になんと、レーザー脱毛をしつつニキビ治療も出来るのです。レーザー光を患部にあてると、アクネ菌を殺菌します。これは波長を自由に変えられるからですが、その皮膚が回復する過程でコラーゲンの再生という嬉しい美容効果があるのです。

価格とスピードならアレキサンドライトレーザ

しかし1回あたりの施術を簡単に迅速に受けることを目的にするなら、アレキサンドライトが良いでしょう。処置のスピードに関してはアレキサンドライトにかなうものはありません。また長年の実績があり、広く使われている安心の脱毛機器で、比較的安価に施術できる脱毛方法といえます。

それ以外は、どちらも効果にかわりありません。もし痛くて我慢できない時は麻酔のシールを貼る、という手もあります。
テスト脱毛を受けてみて痛くないほう、続けられそうなほうを基準に選んでまったく問題ありません。

また、脱毛レーザー後は、人によっては皮膚に軽い痛み、軽い腫れを伴います。

そのため、脱毛クリニック選びとして、エステ脱毛ではなく、脱毛レーザー照射に伴う肌トラブルが起きてもすぐに対処できる医療機関での脱毛を勧めています。

こちらの記事もよく読まれています

 
ページのトップへ