脱毛ポリス > 知識まとめ > うなじの毛の自己処理は危険!脱毛サロンなら写真を撮って確認しながら理想の形にできるよ!

うなじの毛の自己処理は危険!脱毛サロンなら写真を撮って確認しながら理想の形にできるよ!

4576 views
うなじの毛の自己処理は危険!脱毛サロンなら写真を撮って確認しながら理想の形にできるよ!のイメージ

うなじのムダ毛処理方法!おすすめ脱毛サロンもご紹介!

ドレスや和服を着ておめかしすると、髪もアップにしたくなりますよね。

でも、自己処理しようとして剃刀で切ってしまったり、うなじは自分で見えないゆえのトラブルが後を絶ちません。

傷跡になってしまうと、いざサロンやクリニックで脱毛するときに「色素沈着しているところはレベルを下げますね」なんて言われてしまうことも。

日焼けもしやすい場所だから、プロの手に任せて自分ではお手入れしないほうが安心です。

うなじの形には実は色々ある!

舞妓うなし

うなじのムダ毛を処理するなら、決めておきたいのが「どんな形のうなじにするか」。
実はうなじには色々な形があって、一般的なのは次の4つです。

舞妓さんのうなじもこの形!「MW型」

うなじMW型

MW型は、真ん中部分が小さいM字型、うなじ全体を見るとWの形になっているのが特徴です。
最も首が細く見える形で、舞妓さんのうなじもこの形に整えられています。

スッキリして見えるうなじ「W型」

うなじW型

W型は、襟足本来の形をそのまま生かして整えたスタイルです。
MW型と同じく、首がほっそりして見えます。

オールマイティなうなじ「ぱっつん型」

うなじぱっつん型

襟足の生え際をストレートに揃えるのが、ぱっつん型です。
ぱっつんといっても、実際にはストレートに細かくジグザグしているようなイメージで、シンプルでどんなヘアスタイルにも合います。

やわらかい印象のうなじ「アーチ型」

うなじアーチ型

アーチ型は、サイドを短く整え、真ん中にボリュームを持たせた形です。
横顔がスッキリして見え、全体的にはやわらかい印象になります。

剛毛に悩む方必見!脱毛効果の高いサロンを選びましょう。

うなじ(襟足)の毛は自己処理できるの?

うなじ(襟足)のムダ毛をなんとかしよう!と思ったとき、まず1番に思い浮かぶのが自己処理かもしれませんね。

でも、自己処理するのはおすすめできません。 なぜかというと、次のような理由があるんです。

手元が見えにくくて変な形のうなじに

おすすめできない最大の理由がコレ
うなじは自分の目で直接見ることができないので、カミソリでもシェーバーでもどこをどれくらい剃っているのかが分かりにくいんですよね。

やっとできた!と思ったら見るも無残な変な形になってしまい、しばらくはアップスタイルを断念…なんていう悲しいことになりがちです。

「こんな形にしたいな」という理想のうなじがある場合も、自分の手でそれを叶えるのは至難のワザ

後れ毛を中途半端に剃ってしまったり、剃り残しがあったりと十中八九うまくいかないでしょう。

うなじはデリケートなので肌荒れのもとに

うなじは、他の部位と比べてもデリケート。
自己処理でダメージを受けやすく、肌トラブルになるリスクが高いんです。

万が一傷を付けてしまったら、しばらく傷跡が残ることにもなりかねません。
肌に負担を与えないためにも、自己処理はやめておきましょう。

また毛が生えてきたときチクチクする・太く見える

自己処理は表面に出ている毛を剃ったり抜いたりするだけのものなので、続けても毛が薄くなることはありません。

むしろ剃ることで毛先が鋭くなり、次に生えてきたときにチクチクしやすくなってしまいます。

また、「自己処理を繰り返すと毛が濃くなるって聞いたけど…ホント?」と気になっている方もいらっしゃるかもしれませんね。
この噂は半分ウソで半分ホント

実際に毛が太くなってしまう説と、実際には変わらないけど剃ったあとの断面が広いから太く見える説の2つがあり、はっきりコッチ!とは言えないのです。

原因がどっちにしろ、太く見えてしまうことがあるのは間違いないので、キレイなうなじからは遠ざかってしまいます。

うなじはどのように処理すれば良いの?

自己処理がダメなら、うなじはどう処理するのがベスト?――その答えはズバリ、脱毛サロン

あともうひとつ、理容室でシェービングしてもらうという手もあるので、あわせてご紹介しますね。

理容室・シェービングサロン

女性にはあまり馴染みがないかもしれませんが、理容室ではプロの手によってうなじをシェービングしてもらうことができます。

理想の形に整えてもらうこともできますし、一時的にはキレイになるので自己処理よりはマシ

…ですが、結局ムダ毛処理の手段はシェーバーということで、自己処理と同じく生えてくる毛がチクチクしたり、太く見えたりする問題はつきまといます。

当然毛が薄くなっていくわけではないので、一生通い続ける必要があって、費用もどんどんかさんでいくのがデメリットです。

脱毛サロン

脱毛サロンでは、プロの手によって理想の形を叶えられるというメリットに加えて、理容室のデメリットだった「チクチク・太く見える問題」と「費用が高くつく問題」を両方とも解消できます。

というのも、脱毛サロンでは施術の回数を追うごとにどんどん毛が薄くなって、最終的にはほとんど生えてこなくなるので、脱毛完了まで2年ほど通えばあとは何もしなくてOK。

お金がかかるのもその期間だけなので、長い人生のトータルで見ると安い費用で一生ムダ毛処理から解放される、コスパ抜群の方法なんです。

ミュゼ銀座カラーは、脱毛サロンの中でもうなじの部分脱毛がお得なので、どの脱毛サロンに通おうか迷う方におすすめですよ。

キレイなうなじ(襟足)を目指すなら脱毛サロンへ

ご紹介してきたように、うなじのムダ毛処理には脱毛サロンが1番おすすめ

初めてサロンに通う方は特に色々と心配なことがあると思うので、失敗しない脱毛サロンの選び方をチェックして、予備知識を仕入れておきましょう!

うなじの脱毛を始めたら、ドレスを着るときに目立つ背中や腕のムダ毛も気になってくるのはよくある話。

脱毛している部分としていない部分の境目がはっきり分かってしまうので、「一緒にやっておけばよかった!」と後悔する人が多いんです。

「私もそうかも…」と思う人は、はじめから『うなじ周辺の部位をまとめて』or『全身脱毛を選んでおく』のがおすすめですよ。

こちらでは安くて通いやすい脱毛サロンのランキングをしていますので、是非参考にしてくださいね。

こちらの記事もよく読まれています

 
ページのトップへ
ページのトップへ