AX
脱毛の口コミを大捜査!アノ評判は本当?【脱毛ポリス】 > 部位別の比較 > 女性の腹・へその毛(ギャランドゥ)脱毛のポイントは?

女性の腹・へその毛(ギャランドゥ)脱毛のポイントは?

152 views

脇、腕、すね等のムダ毛の処理は、女性の多くが頭を悩ます問題ですよね。

また、男性のコンプレックスとしてあげられるお腹の毛やへそ下のムダ毛(ギャランドゥ)実は、男性だけでなく女性にとっても、悩ましい問題なんです。

通常、お腹やへその周辺にはあまりムダ毛が生えないという女性も多いですが、妊娠に伴うホルモンバランスの変化で急に生える女性もいらっしゃいます。

ここでは女性の腹・へその周辺のムダ毛(ギャランドゥ)脱毛のポイントについて解説していきます。

永久脱毛でない方法で脱毛するなら長期戦を覚悟する

除毛クリームや脱毛ローション、あるいは家庭用脱毛器などを使用して、
永久脱毛とは違うけれど
効果のあるお腹・へその周辺のムダ毛処理をしたいところですが、要注意点があります。

ここで注意するべきなのは、お腹の毛の元は産毛ということです。
そのため、毛がいくら濃くても、安易に脱毛してしまうと硬毛化現象が生じるリスクがあります。

硬毛化現象とは、脱毛を行った部位の毛が、脱毛を行う前より太くなる現象のことです。
産毛や細い毛が変化するので、
その為、産毛や細い毛が生えている部位は、硬毛化現象が起きやすいと言われております。

といっても、永久に毛が太くなり続けるわけではないのです。
一時的に硬毛化現象が起きて、腹毛やお腹のむだ毛が太く、濃くなる可能性がありますので
脱毛は長期戦だと覚悟するようにして下さい。

脱毛に伴う炎症や、色素沈着が起こりやすい箇所である

腹部は、洋服やベルトなどで常に刺激を受けていることが原因となり、ムダ毛の処理方法によっては、ほかの肌部位よりも炎症が長引いたり、体に色素沈着のリスクもあると考えられます。

ちなみに、積極的に腹部も日焼けしている場合は別なのですが、腹部は陰部に次いで、最も紫外線の影響を受けにくい部位です。

そのため、レーザー脱毛などの場合の「日焼け=メラニン沈着によるヤケド」は、起こりにくいと言われていますので、相性がいい脱毛法だと言えます。

実は炎症や色素沈着を防ぐための、画期的な方法があるわけではございません。
脱毛後にきちんと肌を冷やしたり、保湿クリームをしっかり塗る、湯船につかって温めない、日焼け止めを塗るなど、日常のケアが大切になります。

妊娠中にあせってムダ毛処理しなくても良い

妊娠すると急にギャランドゥが濃く太くなることが良くあります。

密度も濃くなり、お腹の毛も乳輪の周りもモサモサで、あまりの変化に驚く方が少なくありません。

へその下から下腹部に向かい縦に流れるように毛を見てあわてて病院に駆け込んだ、なんて笑い話も聞きます。

妊娠中だってツルツルのお肌でいたいけど、その時期に腹毛処理を考える方はいませんし、通常は妊娠時期の終了で元に戻りますので気にすることはありません。
ですので、あせってムダ毛処理をしなくていいのです。

ただ、出産後の授乳期を過ぎても、なかなか元に戻らない場合は、脱毛処理を受けて女性の自信を取り戻してください。

もうひとつ、妊娠以外でもホルモンにより濃くなることがあります。

ストレスがたまりホルモンの変化がおき、気がついたら女性よりも男性ホルモンが優位になってしまいうぶ毛が濃くなる、ということです。

そんな場合は脱毛処理の前に、病院でご自分のホルモン値を検査してみてください。

こちらの記事もよく読まれています

 
ページのトップへ