脱毛ポリス > 部位別の比較 > 女性の乳輪の毛。脱毛できるのは乳輪まわりだけ!

女性の乳輪の毛。脱毛できるのは乳輪まわりだけ!

998 views
女性の乳輪の毛。脱毛できるのは乳輪まわりだけ!のイメージ

乳輪の産毛、気になりますよね…

乳輪にチョロンと毛が生えていると、男性のいわゆる「乳毛(ちちげ)」をイメージさせ、女性らしさとは程遠く感じられます…。

乳輪の外側しか脱毛できない!

さて乳輪の毛をよくみると、乳輪の外側に生えているものと、乳輪そのものから生えている毛があります。

この毛がすべて脱毛できるわけではありません。

脱毛対象となるのはあくまでも、乳輪の外側の毛のみです。分かりやすく言うと、色の変わっている部分から生えている毛は脱毛できません。

色素沈着部位である乳輪の脱毛は火傷の原因に…

これは、色素沈着部分の脱毛は、ほとんどの場合やけどやトラブルをおこすためです。

乳輪外側の毛に関しては、問題なく脱毛できますが、乳輪周囲ぎりぎりの部分に生えている場合は、照射を断られることがほとんどです。

ですから、この部分の脱毛を考える場合には、まずはムダ毛の生えている場所を確認することが大切です。

乳輪部分にかかっている毛の場合は、IPLやフラッシュなどの光脱毛はほとんどできません。

可能なのは針脱毛(ニードル脱毛)くらいですが、衛生や安全面からお勧めできません。
安全第一を考えるならば、エステ脱毛サロンよりも医療レーザー脱毛をおすすめします。

どんなカッコで乳輪外側の毛を脱毛するのか?

さて、気になる施術の格好ですが、多くの場合、ブラジャーを外してエステ用のタオルドレスに着替えることになるでしょう。

その際に、前にボタンが来るようにして仰向けでスタンバイします。

すると施術担当者が、ボタンを一つか二つはずして(またはずらして)、バストを露出させます。

この場合、照射しない反対側のバストはタオル等で覆っておいてくれるはずです。

バストトップは隠します。

乳輪とバストトップに直接白いテープや二プレスを貼ることがあります。これは、乳輪の色素部分にレーザーが反応しないためですが、バストトップを隠せるというメリットもあります。

特に、乳輪間近を照射しない場合でも、希望があれば貼ってくれますから、バストトップの露出に抵抗のある場合は担当者に言ってみるとよいでしょう。

ちなみに、直接バストトップにテープ等を貼ると、はがすときに意外と痛いので、貼る前にワセリンなどを少しだけバストトップに塗っておくとよいでしょう。(乳輪にまで塗るとうまく貼れなくなるのでやめましょう)

また、バスト部分は太ももなどに比べると非常に脂肪が多く柔らかいので、特にバストが大きい方の場合、照射しづらいことが多々あります。

その場合は、施術者がもう一方の手でバストを支えることがあります。

柔らかい部分に当てる場合、ヘッドと皮膚がしっかり密着していないと、隙間に大量の熱量が発生し思わぬやけどなどの原因になってしまうので、安全のために必要なことなのです。

こちらの記事もよく読まれています

 
ページのトップへ