脱毛ポリス > 倒産・クーリングオフ > 脱毛サロンでのクーリングオフの方法は「意外と簡単!」書き方を覚えておこう

脱毛サロンでのクーリングオフの方法は「意外と簡単!」書き方を覚えておこう

脱毛サロンでのクーリングオフの方法は「意外と簡単!」書き方を覚えておこうのイメージ

脱毛サロンの契約のクーリングオフ解約の条件とやり方

クーリングオフはフラッシュ脱毛(光脱毛)、ニードル脱毛など脱毛コースを契約してしまっても、契約をなかったことにしてそのお金を全額返金できる制度です。

クーリングオフは書面でサロンに通知するだけです。サロンに電話することも、出向く必要もありません。

もちろんいつでも、どんなものでもOKというわけではありません。

クーリングオフが可能な条件というのがあります。

サロンで脱毛のトライアルを受けたあと、カウンセラーに勧誘されて契約したけど、自宅に帰ってきてよく考えたらやっぱり取り消したいと思った。

こんな時に非常に有効です。

自分ひとりでも簡単に出来ますから覚えておくと良いでしょう。

クーリングオフと途中解約は何が違うの?

クーリングオフも途中解約も意外と簡単にできるのですが、「何がどう違うのか」が分からないですよね。

クーリングオフとは、契約をした後に「Cooling off=冷静になって考える」ということで、一定の条件を満たしていれば、いかなる理由があっても、一度結んだ契約を解除できるという特別な制度です。

脱毛サロンは「特定継続的役務提供」に該当するため、クーリングオフの適応条件は以下の項目になります。

【クーリングオフ適応条件】
☑ 契約後8日以内(契約書を受け取った日から数えて)
☑ 契約期間が1カ月以上
☑ 契約金額が5万円以上

この適応条件を満たしていればクーリングオフが適応され、施術の有無に関わらず契約から9日以上が経過していると途中解約になります。

また、実際に施術を受けていても、8日以内で条件が満たされていればクーリングオフが適応され、契約したコースと併せて購入した化粧品や入会費・年会費なども適応されます。

クーリングオフの手順

クーリングオフには、決まった形式がありません。

基本的には、契約相手(サロン)に、「契約を解除する」という旨を紙に書き、8日以内に送ればOKです。

でも、単に紙に書いて送っただけですと「届いていない」「8日過ぎている」などとトラブルが起きる可能性がありますので、日にちと確実に届けたということを公的に証明しておくほうが安心です。

内容証明郵便という方法もありますが、それよりも葉書のほうが簡単です。

葉書の書き方

葉書の表に「サロンの住所、サロンの名前」を書きます。

裏には以下のように書きます。

  • 通知
  • 契約日   ○○年○月○日
  • 販売会社名 ○○サロン
  • 住所 電話番号
  • 担当者名  ○○ ○○(不明なら書かなくてOK)
  • 商品名   例:ワキ脱毛6回コース
  • 金額    例:52,500円
  • 上記契約または申し込みを解除いたします。
  • 自分の住所
  • 自分の氏名
  • 返金振込口座

「契約を解除したいんですけど…」というあいまいな表現はいけません。

一方的にこちらから「解除します」と申し出ることが大切です。

また、解約理由を告げる必要もまったくありません。

言ってしまえば、相手にまったく非がなくても解約は可能なのです。

脱毛特集コラム:今月のお得サロン
もう失敗しない!圧倒的な安さが魅力の『銀座カラー全身脱毛し放題』のキャンペーンはいつまでお得?

葉書の出し方

葉書の表と裏の両方コピーして、郵便局で簡易書留(+310円)で送り、コピーを控えとして保管します。

投函した日が8日以内であれば大丈夫ですので、速達にする必要はありません。

特定記録郵便(160円)でも可能ですが、簡易書留と比べると差し出し日の記録にはなりますが、相手の受領の記録にはならないので簡易書留をお勧めします。

送付後、通常であれば口座に返金があるはずです。

書面で通知することで、不要なやりとりをなくすことができます。

くれぐれもサロンに出向き「解約したいんですが」というのはやめましょう。

考えを改めるように勧められてしまうからです。

ちなみに、コースの1回目を受けてしまっていても8日以内であればクーリングオフは可能です。

クーリングオフの条件に当てはまらない場合

8日以上経過している場合はクーリングオフの条件に当てはまりません。

しかし、8日以降であっても、契約の期間内であれば中途解約することができます。この場合は、クーリングオフと異なり精算が発生します。

my

医療クリニックではクーリングオフはできません。

クリニックでの脱毛コース契約は、医師との「医療契約」になるため、クーリングオフの対象とはなりません。

解約したい場合は、クリニックとの話し合いになります。通常は、
総支払い金額-(これまでに受けた施術費用)の返金
になりますが、ほかのコースを勧めたり、代わりに商品で清算などの場合もあります。

そういった意味では、サロンよりもクリニックでの契約は慎重になるべきです。

※参考サイトをご紹介します⇒クーリング・オフ_国民生活センター

途中解約はどうやってするの?

「契約日から9日以上経過してクーリングオフの期間が過ぎている」「既に何度か施術を受けている」「クーリングオフの適応条件を満たしていない契約」は、「途中解約」をすれば契約金の大部分を返金してもらうことが可能です。

途中解約は意外と簡単ですが、「契約店舗でしか解約できない」「電話で解約書類を取り寄せて返送」と様々なので、各社のコールセンターや店舗に確認をしましょう。
また、途中解約では手数料がかかる場合がほとんどなので、契約の残り回数や手数料などを考慮して「本当に解約するべきか」判断をしましょう。

今回は大手サロン「ミュゼ」「脱毛ラボ」「シースリー」を例に解説したいと思います。

ミュゼを途中解約するには?

ミュゼを解約するには以下の手順で行いましょう。

【ミュゼを途中解約する手順】
① コールセンター(0120-965-489 / 年中無休10:00~19:00)に連絡
② 解約手続きのために行く契約店舗の予約をとる(①で一緒にできます)
③ 店舗にて解約手続きをし、返金額を確認

※ 店舗に行くときは、契約書・印鑑・返金用の銀行口座情報・クレジットカード等を持参して行きましょう。コールセンターに連絡した際に、持ち物を再確認して下さいね♪

ミュゼでは「ちゃんと返金システム」があり、いつでも途中解約が簡単にできて、残りの回数分を全額返金してくれる上に、解約手数料もかかりません!
契約途中で脱毛状況に満足をした場合でも、損をすることなく解約をすることが可能なので安心ですね♪

脱毛ラボを途中解約するには?

脱毛ラボを解約するには以下の手順で行いましょう。

【脱毛ラボを途中解約する手順】
① コールセンター(0120-262-036 / 月~金10:00~18:00)に連絡
② 店舗にて解約手続きをし、返金額を確認

※ 月額制は解約したい月の前月に申請をしないと、翌月分も引き落としがされるのでご注意ください。
※ 店舗に行くときは、契約書・印鑑・返金用の銀行口座情報・クレジットカード等を持参して行きましょう。コールセンターに連絡した際に、持ち物を再確認して下さいね♪
※ 引っ越しなどでどうしても店舗に行くのが不可能な場合に限り、対応が変わる場合があります。詳しくはコールセンターに確認をしてください

計算式やポイントは以下の通りで、ほとんどのサロンがこのようなケースになるので参考にしてください。

【脱毛ラボの返金額の計算法】
・ 解約プランの場合【契約額-(1回の単価×施術した回数)=返金額】で計算
・ 返金額の10%が途中解約の実費手数料
・ キャンペーン価格で契約している場合、キャンペーン価格で単価計算をします。
・ 月額制の場合、【支払い総額-(1回の単価×消費税×回数分)】の計算式になります。

それでは実際に、「全身脱毛56か所6回プランを、2回施術をした後に解約する」と仮定して残金を計算してみましょう。

・全身脱毛56か所6回プラン…149,980円(税抜き)
・全身脱毛1回の単価…149,980円÷6回=24,996円

契約額149,980円-(1回の単価24,996円×施術した回数2回)=返金額73,174円
返金額73,174円-10%の解約手数料7,317円=実質の返金額65,857円

※計算式がややこしくなるので、消費税を含まず端数は切り捨てて計算しています。実際の金額とは異なる場合があるので予めご了承ください。

シースリーを途中解約するには?

シースリーを解約するには2種類の方法があり、以下の手順で行います。

【電話で途中解約する手順】
① コールセンター(0120-762-090 / 木~火12:00~20:00)に連絡
② 指定の解約手続きをする

【店舗で途中解約する手順】
① コールセンター(0120-762-090 / 木~火12:00~20:00)か、契約店舗に連絡
② 契約店舗に行き、解約手続きをする

※ 店舗に行くときは、契約書・印鑑・返金用の銀行口座情報・クレジットカード等を持参して行きましょう。コールセンターに連絡した際に、持ち物を再確認して下さいね♪

シースリーの途中解約に関して、先に重大な事を言っておきますが…脱毛し放題コースで契約した場合、回数で割ることができないので1回の全身脱毛の価格が予め設定されています。
しかもこの設定額、部位数やコースによって金額が異なりますが、驚く程に高額です。
施術を3回しただけでも返金額がマイナスになり、解約をしても返金されない場合があるので、途中解約はおすすめできません。

【シースリーの返金額の計算法】
・ 支払総額-(1回の単価×施術した回数)=返金額
・ 返金額-解約手数料=実質の返金額
・ 途中解約の手数料は、返金額の10%か2万円です。金額が低い方が適応されます。

それでは実際に、「品質保証の付く全身全てのパーツを1回で脱毛できる、全身脱毛(顔とVIOを含む)し放題コースを、3回施術した後に解約する」と仮定して残金を計算してみましょう。

品質保証の付く全身脱毛(顔とVIO含む)コース価格…382,400円(税込み価格)
顔とVIOを含む全身脱毛1回に設定されている単価…129,000円
契約額382,400円-(1回の単価129,000円×施術した回数3回)=返金額マイナス4,600円(つまり返金されません…)
※計算式に使用している1回の単価は変更される可能性があります。詳しくは無料カウンセリングで確認をしてください。

この例の場合ですが、手数料を計算する前に返金額がマイナスになっているので、途中解約をしても返金されません。
無料カウンセリングでこの説明を受けますが、公式HPではこのような事は一切記載されていません。シースリーの「脱毛し放題プラン」は、「数回施術をすると後戻りができない」と念頭に置いた上で慎重に契約をしましょう。

サロンを乗り換えると、数万円の割引が受けられることも♪

さて、これまでで大手サロンのクーリングオフや途中解約の方法はもう完璧でしょうか?
途中解約をする理由は「接客が良くなかった」「脱毛効果をあまり感じられなかった」など色々あると思います。でも、解約をしてもまだ仕上がりに満足していないなら「脱毛を続けたい」と思っている方がほとんどですよね。
そんな時は、「乗り換え割引」を活用してみるのはいかがでしょうか?
老舗サロンとして根強い人気を誇る「銀座カラー」では、他サロンから乗り換えをすると数万円の割引が受けられるのでおすすめですよ♪

銀座カラーは返金がスピーディー

基本的に、サロンでのコース解約は大手ほどトラブルなくすみます。

銀座カラーは、独自に解約・返金保障をしています。

申告日から2週間以内に返金してくれるということです。
このスピーディーな対応は銀座カラー以外ではあまりなく、信頼できるサロンと言えるでしょう。

こちらの記事もよく読まれています

 
ページのトップへ
ページのトップへ