脱毛ポリス > よくある質問 > 全身脱毛は服薬中でもできる?ピルはOK?うつの薬は?

全身脱毛は服薬中でもできる?ピルはOK?うつの薬は?

6915 views
全身脱毛は服薬中でもできる?ピルはOK?うつの薬は?のイメージ

サロンでの脱毛を始めようと考えている方の中には、持病があったり、風邪をひきやすかったり、ピルを常用していたり…薬を飲んでいる人もたくさんいらっしゃると思います。
しかし、薬の中には副作用で肌トラブルを起こす可能性があるため、内服中は脱毛を受けられない種類のものもあります。
そうなると、ご自分がサロンで脱毛できるのか不安に思うかもしれませんよね。
でも服薬中だから脱毛できない…なんてあきらめないでください!

サロンでの脱毛に影響する薬や脱毛時の副作用、内服中の方がカウンセリングを受ける際の注意点も含めてご紹介します。
ご自分の服用している薬が脱毛可能かどうかを知って、ぜひ安全に脱毛を受けてくださいね。

薬を服用して脱毛してはいけないのはなぜ?

服用している薬の副作用「光線過敏症」を起こしてお肌のトラブルになる可能性があるからです。ですが、薬の種類や医師の許可によっては脱毛可能ですので、早とちりして断念してしまわないでくださいね。

光線過敏症ってなに?

日光(紫外線)に当たったことで、その部位が赤く腫れてしまう皮膚炎です。
日光には紫外線、可視光線、赤外線の3種類の光線が含まれていますが、光線過敏症を起こす光線のほとんどが紫外線です。
原因としては、薬剤、体質、自己免疫疾患などの病気が挙げられます。
光刺激を受けてから直ぐに症状が出ないこともあり、診断は簡単ではありません。

どうして内服中の脱毛で光線過敏症が起こるの?

サロンで行われる光脱毛が、日光と同じような光刺激となり皮膚にダメージを与える可能性があるからです。
通常では光に当たっても全く問題ない方でも、服用している薬の種類によっては、光脱毛により副作用である薬剤性の光線過敏症が引き起こされるリスクがあります。
しかし、光脱毛に使用されているのは人体に安全な近赤外線であり、紫外線とは波長が全く異なるため、リスクはそれほど高くないと考えられます。

内服薬全てで光線過敏症が起きるの?

光線過敏症を引き起こす薬はある程度決まっていて、全ての薬というわけではありません。
脱毛ができない薬に関しては別の表でお示ししますので、そちらをご覧ください。
一般的に市販薬よりも処方薬の方が含まれている有効成分が多いため、光線過敏症が起こる可能性が高くなります。
また、内服薬だけでなく予防接種や注射・点滴でも起こる場合はあります。

脱毛してもいい薬と してはいけない薬

処方薬・市販薬ともに光線過敏症が起こる可能性のある薬は非常に種類が多く、同じ目的で使用しても副作用が起こるものと起こらないものがあり、ご自身だけでの判断はとても難しいものです。
薬の名前をひとつずつ挙げていくと大量になってしまうので、わかりやすく一覧表でお示しします。馴染みのない名前が多いかもしれませんね。

脱毛を考えている女性のみなさまにとって、服用している、もしくは服用する可能性が高いものは風邪や熱のときに飲む抗生物質や解熱鎮痛剤、花粉症などの抗アレルギー薬、不安症やうつ病の薬などでしょうか。
これまでに光線過敏症を起こした薬(原因が脱毛とは限りません)のうち、全体の約40%を占めているのはキノロン系の抗生物質ですので、脱毛時期に風邪薬を内服するときは診察・処方の際に医師に相談してください。
現代人は多くのストレスを抱えており、若い女性でもうつ病の薬や抗不安薬を飲んでいることは珍しくありません。抗うつ薬、抗不安薬は作用や成分によってたくさん種類がありますので、処方されている薬が脱毛可能なものか主治医に確認しておきましょう。
また、病気がなくてもダイエット目的で利尿剤を内服する女性もいるようですので、ご注意くださいね。

光線過敏症をおこしやすい薬物の一例

分類 一般名 商品名
抗生物質 キノロン系 スパラ
ニューキノロン系 クラビット、スオード
テトラサイクリン系 ミノマイシン
降圧薬 ベシル酸アムロジピン ノルバスク
ジルチアゼム塩酸塩 ヘルベッサーR
抗不整脈薬 キニジン硫酸塩水和物 硫酸キニジン、キニジン硫酸塩
利尿薬 トリクロルメチアジド フルイトラン
フロセミド ラシックス
抗ヒスタミン薬 メキタジン ゼスラン、ニポラジン
プロメタジン塩酸塩 ピレチア、ヒベルナ
NSAIDs ジクロフェナクナトリウム ボルタレン
NSAIDs外用薬 ケトプロフェン セクター
抗精神病薬 クロルプロマジン ウインタミン
ジアゼパム ホリゾン、セルシン
抗不安薬 クロルジアゼポキシド コントール
抗うつ薬 塩酸クロミプラミン アナフラニール
抗てんかん薬 カルバマゼピン テグレトール
血糖降下薬 スルホニルウレア系 ヘキストラスチノン
脂質異常症治療剤 シンバスタチン リポバス
抗リウマチ薬 メトトレキサート リウマトレックス
抗結核薬 イソニアジド イスコチン
抗癌剤 フルオロウラシル 5-FU
ビタミンB6 ピリドキシン塩酸塩 アデロキシン

参考文献:
光線過敏症 | 今月の健康情報 | セルフメディケーション・ネット – NPO法人セルフメディケーション推進協議会(SMAC)
http://www.self-medication.ne.jp/health/027.php
閲覧日2017/3/17
お薬のしおり No.138 – 光線過敏症について(H25.8)
http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/shinryo/yakuzai/data/138.pdf
閲覧日2017/3/17

ピルを服用してると脱毛できないの?

ピルを服用してると脱毛できないの?

脱毛中でもピルの内服は可能です。
もちろん医師に相談しておくことが望ましいですが、特に低用量ピル内服では脱毛に問題はありません。
けれど、一部の脱毛サロンではピルを飲んでいると脱毛を断られることがあります。
その理由は4つ考えられます。

1 ピルによる毛量の変化で脱毛効果がわからなくなるから

女性ホルモン剤であるピル服用により男性ホルモンの働きが抑制され、体毛の成長も抑制されます。ピルを服用していると服用していないときよりもムダ毛が生えなくなるため、脱毛の効果がわかりにくいという理由が考えられます。

2 ピルによる副作用でごく稀に色素沈着が起こることがあるから

脱毛による色素沈着は通常でも起こり得る副作用です。脱毛を受ける方の肌の黒さや毛質によりリスクは変わりますが、ごく稀にしか起こりません。この色素沈着のリスクがピル服用によって高まる可能性があると考えられています。

3 月経中と同じようにホルモンバランスが崩れていると思われているから

月経期間中は脱毛が受けられないサロンがあります。それはホルモンバランスが崩れていて、心身ともに不安定な時期と認識されているからです。そのため痛みを感じやすく、お肌のトラブルが起こりやすい敏感な状態とされています。ピルは女性ホルモン剤なので、月経期間中と同様の状態として扱われているため脱毛施術が受けられないことがあります。

4 ピル服用が脱毛に与える影響がよくわからないから

要するに、現在主流となっている低用量ピルが脱毛に与える影響は明確になっていないのです。サロンは医療機関ではありませんので、万が一脱毛施術によって何かが起こった場合には大変です。お客様の身体を第一に考えて、念には念を入れて安全策を取って慎重に対応しているのではないでしょうか。

ピルが脱毛に影響がない理由

ピルは、エストロゲンとプロゲステロンの合剤です。
これらを毎日体に補充することで、擬似妊娠状態を作り出し排卵を抑制させます。

擬似妊娠状態ではありますが、妊娠時のような体毛への影響はありません。なぜかというと、ピルを摂取している間はホルモン分泌が1/5程度まで低下するからです。

そのため、総量としてのホルモン量は妊娠時のそれとは比べ物になりませんので、妊娠時に生じる体毛の変化と同等のものは、ピル服用時には生じません

特に低用量ピルの場合は、自然なホルモンバランスになるように調整されているので、肌や体毛、体重の変化は以前のピルと比べて、ぐっと減っているのです。

また統制されたホルモンが毎日補充されることでバランスも崩れにくく精神状態も肌状態も安定します。

実際に、低用量ピル内服中の方で脱毛されている方はたくさんいます。ピル服用中も、まったく気にせず脱毛を受けていただいてかまいません。

気をつけることがあるとすれば、下記の二つだけ気をつけるとさらに良いでしょう。

1.飲み忘れしないこと

もともとのピルの効果を損なうのももちろんですが、せっかく安定してきたホルモンバランスを一気に乱すことになります。
効果を維持させるためにも肌を安定させるためにも、飲み忘れは極力避けましょう

2.内服を始めてすぐの脱毛は避けたほうがベター

初めてピルを内服してから3ヶ月くらいは、なかなか体内でホルモンバランスが安定しません。肌状態も不安定ですので、いつもよりも赤み痛みのでる可能性があります。

3ヶ月ほど内服を続ければ落ち着いてきますので、可能であれば飲みはじめから少し待ってから、脱毛することをお勧めします

参考資料:低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン – 日本産婦人科学会編

低用量ピルを飲んでいても脱毛できることがわかったら、次はどこのサロンに通うか?ですよね。こちらのページを参考にしてあなたにあった脱毛サロンを選んでくださいね♪

各サロンの薬の服用の注意事項をヒアリング調査したよ♪

薬を服用していても脱毛が可能かどうか、自分が飲んでいる薬は大丈夫なのか、とても気になるところですよね。
法律などで明確な基準が定められていることではないので、サロンごとの判断になります。
薬を服用していて脱毛を始めようと思っている方にとっては大切な問題ですので、各サロンにおける薬の服用の注意事項について調査しました。
意外と厳しい!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、安全で効果的な脱毛を行いたいというサロン側の配慮であることを理解しましょう。
サロン選びの参考にしてくださいね。

サロン 注意事項
ミュゼ

ミュゼ
・処方薬を服用している場合は医師または薬剤師の確認が必要
・診断書、同意書等は不要、口頭での確認でよい
・市販薬は当日の服用はダメ
kireimo

キレイモ
・処方薬服用中の場合は施術前後1週間服用を控えるか、医師からの同意書が必要
・持病で毎日服用している場合は同意書が必須
・同意書は「光脱毛に同意します」と言い切りの文面でないとダメ
・市販薬は施術前3日間服用を控える
脱毛ラボ

脱毛ラボ
・持病等で処方薬を服用している場合は、薬によって医師の同意書が必要な場合がある。複数の処方薬を服用している場合は同意書が必要
・処方薬は服用後3日開ける必要がある
・市販薬は当日の服用はダメ
銀座カラー

銀座カラー
・処方薬服用中の場合は医師に確認が必要
・同意書でなく、口頭での許可でよい
・処方薬は施術前何日はダメという日数を定めていない、電話でいいので医師の確認が必要
・市販薬は当日の服用はダメ
・喘息の吸引器の使用も処方薬と同様に確認が必要

薬を服用している人が脱毛するにはどうすればいい?

どこのサロンで脱毛するとしても、処方薬を内服した場合には医師の確認や同意書が必要となります。
市販薬の内服や中止は自己判断となりますので、サロンの注意事項をよく理解して、脱毛に合わせた調整を行うことをおすすめします。
市販薬を購入したお店の薬剤師や販売メーカーに問い合わせをしてみるのも良いでしょう。

薬を内服していることをサロンに申告せずに脱毛を受けるのは危険です!
ご自分にとってもサロンにとっても何も良いことがありませんので、カウンセリング時には全て病気や内服について話すようにしましょう。

持病があって内服を継続している方は、お肌のトラブルを避けて安全に脱毛を受けるためにも、カウンセリングに行く前に、まずは担当医に相談してください。
身体の状態によっては内服を中断するなどの調整をしてくれるかもしれません。
同意書が必要なサロンもありますので、事前に医師の同意書をもらっておくとカウンセリングや脱毛施術がスムーズに進みます。

服用していると脱毛できない薬についてご説明してきましたが、薬を飲んでいない場合でも、体調が良くない時は脱毛できません。
理由としては、体調が良くないときは「肌が敏感になっていて肌トラブルを起こしやすい」、「痛みを感じやすくなり、普段なら平気な脱毛の施術でも痛いことがある」などが挙げられます。
薬の服用の有無に関わらず、体調不良のときには脱毛を受けないようにしましょう。
万が一のことを考えて、医療機関と提携しているサロンを選ぶと安心ですね。

こちらの記事もよく読まれています

 
ページのトップへ
ページのトップへ