脱毛ポリス > 脱毛サロンの口コミ捜査 > 銀座カラーのカウンセリングは契約しないで帰ってOK 体験レポート・所要時間・持ち物 > 銀座カラー全身脱毛のシェービングの注意点 剃り残しは?自己処理の範囲はどこまで?

銀座カラー全身脱毛のシェービングの注意点 剃り残しは?自己処理の範囲はどこまで?

銀座カラー全身脱毛のシェービングの注意点 剃り残しは?自己処理の範囲はどこまで?のイメージ

銀座カラー施術前日までの自己処理は、完璧なシェービングで目指せ剃り残しゼロ!

銀座カラーで脱毛をするには、必ず前日までに伸びてしまっているムダ毛の自己処理をしないといけません。

でも…範囲はどこまで?剃り残しがあったらどうなるの?などなど、疑問は尽きないですよね。

先に答えを言ってしまうと、基本は自前シェーバーを持参すれば、

手の届かない背面(襟足・背中・腰・ヒップ・Oライン)範囲は無料シェービング、手の届く範囲に剃り残しがあるとその部分は施術NGになってしまいます。

高い脱毛効果を出すためにも、キチンと自己処理をしてからサロンに行きましょう♪

銀座カラーのシェービングサービスに関する3つの注意点

銀座カラーのシェービング対応は基本無料ですが、範囲が決まっていたり、契約するコースによっては有料になってまったり、などの注意ポイントがいくつかあります。

あなたが契約するコースはどうなっているのか、必ず確認してくださいね♪

①自前シェーバーを持参する必要あり

シェーバー画像

銀座カラーでシェービング対応を受けるには、必ず自前の「顔用のシェーバー(スティックタイプ)」を持参しないといけません。

普通のカミソリやボディ用シェーバーを持参すると、シェービングをしてもらえないので注意をしてください。

理想的なのはパナソニック社の「フェリエ(フェイス用)」で、量販店などでは2,000円くらいで販売していますよ♪

また、当日にシェーバーを忘れても、シェービングをしてもらえません!「どうしても」という方のために、店舗でフェリエを3,300円で販売していますが…もし通い放題コースを契約しているなら、シェーバーを購入せずに剃り残しのある部分の施術をお休みした方がいいかもしれません。

②シェービング代がかからないのは「背面」と「通常価格のスピード脱毛コース(旧プレミアムファストパス)契約」のみ

ボディ背面画像

銀座カラーでシェービングしてもらえるのは、手の届かない背面「えり足・背中・腰・ヒップ・ヒップ奥(Oライン)」のみです。

そして注意をしないといけないのは、「シェービング対応が無料なのは、通常価格の契約だけ」ということ!

リーズナブル脱毛コース(旧スペシャルキャンペーン価格)で契約をすると、背面のシェービング代は別途3,000円が追加になってしまいます。

仮に20回シェービングを受けると、コース総額に6万円がシェービング代として加算されてしまいます。

今、ほとんどの方が「えっ!高っ!」って思いましたよね?

パっと見ると高く感じるシェービング代ですが、実は総額で考えると他のサロンよりも最大11万円安くなります!しかも、家族にシェービングを手伝ってもらえるなら、シェービング代はもちろんかかりません。

記事の後半で、どうして総額だと11万円もやすくなるのかを紹介しているので、必ず最後まで記事を読んでくださいね♪

③手の届く範囲の剃り残しは、銀座カラーでは剃ってもらえない

剃り残しNG画像

手の届く範囲、例えば腕や脚などに剃り残しがあると、その部分は避けて施術になります。

3日前くらいに剃ってほんの少しチクチクしている程度ではOKですが、それよりも長ければ剃り残しと判定されてしまいます。

仮に自前シェーバーを持っていても、自分で処理をすることもできません!(口コミを見ていると、担当者にもよるみたいですが…)

特に自分で処理がしづらい「Iライン」は、剃り残しをしてしまいがち。

このあと剃り残しを最小限にする自己処理のコツなどもご紹介するので、是非チェックしてくださいね♪

銀座カラー施術前・当日・施術後の、自己処理&準備について

銀座カラーの「施術前」「当日」「施術後」では、自己処理や準備などでいくつか注意点があります。 脱毛効果を落とさないためにも、しっかりと覚えておきましょう!

【施術前】自己処理は前日でいいの?当日?何日前までOK?

施術前の自己処理は、前日までには済ませておかないといけません。ただし、光脱毛は「黒いムダ毛」に反応する特殊な光を肌に当てて、毛穴の奥に熱エネルギーを与えて脱毛効果を得ています。

実は、前日ではなく3日前くらいに剃って、ほんの少しだけムダ毛が伸びているのが理想的なんです◎

目指せ剃り残しゼロ!自己処理のコツって?

手の届く範囲だけとはいえ、1本の剃り残しもなく仕上げるのは結構難しいですよね。 でも、剃り残しを最小限にするコツはあります!

コツ1予約日の3日前くらいにシェービング
コツ2お風呂場ではなく、明るい照明の室内でシェービング
コツ3太陽光の下で、最終チェックしよう

一度のシェービングで完璧に仕上げるのは至難の業…それなら2回シェービングをしちゃえばいいんです!

予約3日前のシェービングで剃り残してしまっても、前日に最終チェックをすると剃り残しを見つけられます♪

そして場所も結構重要!暗くて湯気があるお風呂場ではなく、必ず明るい照明の部屋でシェービングをしましょう。

できれば2回目のシェービングは太陽光の下ですると、剃り残しが見つけやすいです◎

また、剃り残しをしやすいIラインは、のぞき込んでシェービングをするのではなく、大きめの手鏡の上にまたいで処理をすると見やすくてGOOD!室内でどうしても陰になるなら、スタンドライトなどを使うと更にシェービングしやすいですよ♪

注意ポイント!

施術前の自己処理は、必ず「顔用シェーバー」で優しくシェービングしましょう。毛抜き・ワックスは脱毛効果がなくなり、カミソリや除毛剤は肌トラブルを招く原因になります。

【施術当日】気を付けることは?服装や持ち物は?

前日までに自己処理を完璧にしたら、待ちに待った施術! ただし、当日もいくつか気を付けないといけないことがあります。

1制汗剤・日焼け止め・ボディクリームは塗らないで!

当日の朝は、絶対に「制汗剤」や「日焼け止め」は塗らないでください。念のために、ボディクリームも控えておくのがベターです。

制汗剤や日焼け止めは毛穴を詰まらせてしまい、脱毛効果を落としてしまう可能性があります。何も塗らない状態でサロンに行きましょう。

2メイクはOK!だけど…

アイメイク画像

当日にメイクをして行ってもOK!

目元は施術をしないので、アイメイクは落とさなくてもいいですが、他の部分は施術前にサロンで落とさなければいけません。

特に予定がないのであれば、ノーメイクで行くと時間短縮になるのでおすすめです。

3服装は?

施術中は専用のワンピースに着替えるので何でもOKですが、なるべく通気性の良い、日焼け対策が完璧なコーディネイトで行きましょう。

というのも、施術前は良いのですが、施術後はどうしても体に熱がこもりがちです。ストッキングやタイツ、ヒートテック素材などは通気性が悪いので避けましょう。

また、スキニーパンツなども施術部位を圧迫する可能性があり、日差しが強い季節であればミニスカートやキャミソールなどは日焼けを招く原因に…。

理想的なのはコットン素材で通気性の良い、ゆったりとしたロングスカート!半袖の季節は、日焼け対策のカーディガン・帽子・日傘なども忘れずに持参しましょう。

4持ち物は?

サロンでシェービングをしてもらうなら「自前のフェイス用シェーバー」をお忘れなく!

日傘や帽子などの日焼け対策グッズや、施術の後に予定があるならメイク道具も必須ですよね。あと、会員カードも必ず持参しましょう。

【施術後】自己処理はいつからOK?カミソリ・毛抜きはNG?

施術後の自己処理は、肌の状態が落ち着き始める施術の3日後から始めましょう。(施術後の自己処理は不要かと思いますが…)

深剃りをしてしまうカミソリや肌トラブルを招きやすい除毛剤、毛周期のサイクルを乱す毛抜きからは卒業して、フェイス用の電気シェーバーを使いましょう。

脱毛効果が落ちるリスクはありますが、「どうしても毛抜きを使いたい!」という方は、最低でも次回予約日の1か月前にはストップしましょう。

また、施術当日は、日焼け・飲酒・激しい運動は絶対NG!肌トラブルの原因になりかねません。

当日のお風呂は湯船には入らず、ぬるめのシャワーでサっと入るだけ。体を洗うのはOKですが、ゴシゴシ洗いやボディスクラブは色素沈着の原因になるので厳禁です!

たっぷりと泡立てたボディソープで優しくなでるように洗いましょう。

施術から最低3日間は、保湿と日焼け対策を徹底して、肌を摩擦しないように気をつけてくださいね♪

他サロンとのシェービング対応や料金を徹底比較!

「シェービング対応」といっても、サロンによって内容が全く違います。大手の脱毛サロン各社と銀座カラーが、どれくらい対応が違うのか比較をしてみましょう。

サロン
(コース)
対象範囲 剃り残し対応 料金 シェーバー
銀座カラー
(リーズナブル脱毛)
襟足・背中・腰・ヒップ・Oライン 範囲以外は不可 3,000円 持ち込み
銀座カラー
(通常価格)
襟足・背中・腰・ヒップ・Oライン 範囲以外は不可 無料 持ち込み
キレイモ
(回数制・脱毛し放題)
襟足・背中・ヒップ・Oライン 範囲以外は不可 無料 なし
キレイモ
(月額制)
襟足・背中・ヒップ・Oライン 範囲以外は不可 1,000円 なし
脱毛ラボ 手の届かない部分 全身対応 1,000円(顔やVIOを含む場合は1,500円) なし
シースリー 手の届かない部分 多少の剃り残しは無料で対応 無料 持ち込み
ミュゼ 襟足・背中・Oライン 範囲以外は不可 無料 なし

銀座カラーのシェービング対応は、対応範囲は他のサロンよりもやや広いですが、リーズナブル脱毛での契約はシェービング料金が他サロンよりも高いですよね。

で・す・が!! 確かにシェービング代は高いんですが、その分コース料金が安いんです。他のサロンと総額を比較しても、かなりお得になりますよ♪

銀座カラーのリーズナブル脱毛コースは、シェービング代を足しても安い!

銀座カラーといえば、全身脱毛通い放題の「新・全身脱毛」が人気ですが、リーズナブル脱毛コースだと税込み213,060円になります。仮にこの価格に20回分のシェービング代6万円を足すと、総額は273,060円ですよね。

でも、この価格って実は安いんです。下の表を見てください。

銀座カラー シースリー キレイモ
コース内容 全身脱毛し放題 全身脱毛し放題 全身脱毛し放題
コース料金 213,060円 382,400円 350,000円
シェービング代 20回分のシェービング代60,000円 無料 無料
総額 273,060円 382,400円 350,000円

⇒ シースリーよりも109,340円安く、キレイモよりも76,940円安い!!!

銀座カラーのリーズナブル脱毛コースで発生するシェービング代は、パっと見ると「高っ!」と思ってしまいますが…総額で比較をしてみると「全身脱毛通い放題」を取り扱うサロンの中で、一番安くなるということが分かりますね♪

家族に手伝ってもらえるなら、3,000円はかからない!

銀座カラーのリーズナブル脱毛コースで発生するシェービング代ですが、家族やパートナーにシェービングを手伝ってもらえるのならもちろんかかりません!

少しでもコストを下げるなら、手の届かない背面も前日までに完璧に仕上げてサロンに向かいましょう♪

結論!できる限り完璧に自己処理をして、銀座カラーに行こう!

銀座カラーは、通常価格での契約だと背面のシェービング対応は無料!リーズナブル脱毛コースでの契約だと別途3,000円がかかりますが、仮にシェービング代を足しても他のサロンよりも総額は安くなります。そして家族に手伝ってもらえば背面のシェービング代はかかりません!

手の届く範囲も完璧にシェービングをしていけば毛周期を逃さずに最高の脱毛効果が得られ、当日の施術時間の短縮にもなります。

今回ご紹介した「Wシェービング」などの自己処理のコツを参考にして、完璧にシェービングをしてサロンに向かいましょう♪
 
ページのトップへ
ページのトップへ