脱毛ポリス > 脱毛サロンの口コミ捜査 > キレイモの全身脱毛を失敗しないコツを伝授!悪い口コミは本当か、期間限定の通い放題プランの情報も♪ > キレイモのシェービングサービス代は剃り残しがあると有料?範囲はどこまで?【最新】

キレイモのシェービングサービス代は剃り残しがあると有料?範囲はどこまで?【最新】

キレイモのシェービングサービス代は剃り残しがあると有料?範囲はどこまで?【最新】のイメージ

キレイモのシェービングサービス代は有料?どこまで無料?

キレイモでは剃り残し(剃り忘れ)があると脱毛施術できないの?

本当の答えを知りたい人向けに、最新のシェービングルールをまとめました。

キレイモの全身脱毛にはVIOや顔も含まれていて、他サロンよりも広範囲の脱毛ができると評判ですよね。

でも、全身脱毛の前には全身のムダ毛処理が必要です。

剃り残し(剃り忘れ)があった場合はどうなるのか、各脱毛サロンによっても対応が異なりますが、公式サイトにも書いていないことが多いです。

キレイモのシェービングサービス料金はいくらなのか? 他の脱毛サロンと比較すると良いのか悪いのか?

だいぶ古い情報が出回っているので、正しい事をしっかりと伝えたいと思います。

当日になって脱毛できない!とならないために、VIOや顔の自己処理(自分で剃る)方法やコツ、おすすめの電気シェーバーも紹介します。

最新情報をチェックしてから、全身脱毛に臨んでくださいね。

キレイモの全身脱毛前にシェービングをする理由

キレイモの全身脱毛に限らず、どこの脱毛サロンでも脱毛前にはムダ毛のシェービングが必須です。

サロンの光脱毛(フラッシュ脱毛)では、皮膚に光を照射して毛根の黒い色素と反応させ、ムダ毛にダメージを与えて脱毛します。

もしも事前のシェービングで剃り残しがあると、表皮の毛にも光が反応して脱毛効果が弱くなってしまいます。

また、脱毛時の痛みが強くなるリスクや、炎症や肌荒れなどの皮膚トラブルが起きやすいデメリットもあります。

脱毛前のシェービングは、脱毛効果を高める・肌トラブルを予防するためにとても大切なことなのです。

キレイモのスリムアップ脱毛効果

ちなみに、キレイモの全身脱毛はスリムアップ脱毛と呼ばれていて、ヒンヤリする冷却ジェルは使用せず、脱毛機の先端に冷却作用がある国産マシンを使います。

もともと痛みを感じいくいと評判ですし、仕上げに植物エキスなどが配合された保湿クリームを塗ってくれます。

脂肪組織の厚みの減少や、お腹周りの引き締まりが見られたという調査結果もあるので、せっかくの効果が無くならないように、ムダ毛処理はしっかりやったほうが良いですよ。

キレイモでは1、2日前のシェービングを推奨

脱毛サロンでは剃り残した場所を避けて光を当てるため、剃り忘れると脱毛を断られる可能性があります。サロンによって対応ポリシーの違いがありますが、毛が3mm以上伸びていると剃り残し判定されるリスクが高いのではないかと思います。

キレイモのHPには「施術の1、2日前までに自己処理をお願いしております」と書かれています。脱毛当日の理想的な毛の長さ(光が適度に反応する長さ)は1、2mm程度と言われているので、脱毛の数日前に剃っておけば丁度良い感じになるということですね。

ただ、全身脱毛だとシェービング範囲も広いので、自分で剃るのは大変ですよね。

サロンでシェービングを無料サービスしてくれたら嬉しいけれど、範囲や料金はどうなっているのでしょうか?

キレイモのシェービングサービスの誤解

キレイモにシェービングサービスがあることはご存知かもしれませんが、シェービング範囲や料金が変わったことはあまり知られていません。

現在、キレイモでは「シェービング補助代」という言葉を使っています。

シェービング補助とは、まず自分でできる範囲を事前にシェービングして行き、剃り残した場所を当日キレイモで剃ってくれるというサービスで、補助の範囲は「背面のうなじ背中ヒップOライン」に限られます。

つまり、「キレイモには全身シェービングサービスがあるから、自己処理しなくてイイ!」というのは誤解で、大きな間違いです。

そしてシェービング料金は、月額プランの場合毎月1,000円かかります。

月額プランシェービング補助代

キレイモのシェービング補助は、あくまでも自分の手が届きにくい一部分の毛剃りをサポートしてくれるものだと覚えておきましょう。

補助の範囲内であれば、剃り忘れてもキレイモのスタッフさんがシェービングしてくれます。見えない箇所を無理やり剃って流血!なんて事態は防げるので一安心ですね。

しかし、補助の範囲以外のムダ毛処理は自己責任となります。手の届く範囲は電気シェーバーを使い全て剃ってからサロンに行きましょう。

キレイモに剃り残したまま行くとどうなる?

基本的にどの脱毛サロンも、ムダ毛が生えている場所は避けて脱毛します。全身の毛がボーボーでほとんど脱毛できなかった場合でも、料金は1回消化扱いとなるので要注意です。

キレイモでは、剃り残しがあっても全身脱毛の施術自体は受けることができますから、シェービングサービスが適用される「うなじ・背中・ヒップ・Oライン」は最低でも脱毛してもらえます。

ポリスmiyuki
でも本当なら全身脱毛ができるのに、部分脱毛になってしまったらかなりの損ですよね。

「その場で自分がシェービングするのはダメ?」

シェーバーを持ち込んで自分でやれば無料?と思った人、それはダメです。

みんながそれをやったら所用時間がめちゃくちゃで予約が取れない脱毛サロンになってしまいます。

それに、シェービング直後のデリケートな肌に光を照射すれば、肌トラブルが起きる恐れもありますからね。

「お店で剃り残しをシェービングしてくれる?」

泣き落とせば剃り残しがあっても処理してくれるのでは?と期待する人もいますよね。実は私もそうでした。

でも、剃り残しの判定は厳しいと思っていたほうが無難です。

キレイモの規約にも、具体的に「毛が何mmだったら剃り残しです」という基準はないので、たとえば2mmはOK・3mmはNGという目安があったと仮定しても、最後は感覚的な判断となります。だから店舗やスタッフさんによって違いがあっても不思議ではありませんし、もしも「全く自己処理してないけど、剃ってくれるよね!」という態度で行ったらムカッとされて、厳しい判定になる可能性も否めません。

実際のところは分かりませんが、私は結構がんばって自己処理しているタイプなので、「きれいに剃って頂きありがとうございます(^^)」と感謝されたことがあります。

お互いに気分よく脱毛できるので、店舗に何回も通うことを考えたら、やはりきちんと自己処理して行くほうが良いですよ。

キレイモのシェービングサービス料金【最新】

キレイモのシェービングサービス内容が大幅に変更されたので、最新情報をお伝えします。他のサイトに書かれている情報は古い場合が多いので気を付けてください!

月額プランのシェービング代は必ず1,000円かかる!

以前のシェービングサービスは、全身のどこに剃り残しがあっても1,000円払うとシェービングしてもらえる、というものでした。

しかしその後、月額プランの加入者は全員、毎月1,000円のシェービング補助代を支払うシステムに変わっています(涙;)。

月額プランシェービング補助代1000円

シェービング補助代とは、店側が「うなじ・背中・ヒップ・Oライン」の剃り残しをシェービングすることに対する料金なので、他の場所に剃り残しがあっても基本的にはスルーです。

追加料金を払ってシェービングしてもらうこともできません。

また、うなじ・背中・ヒップ・Oラインの脱毛を希望しない場合でもシェービング補助代が毎月1,000円かかります。

そのため、他のサイトが紹介している「キレイモは1,000円で全身シェービングしてもらえる」という情報は正しくありません。

シェービング補助代が徴収されることになった理由はおそらく、剃り残しの判定(無料・有料の判断)が公平に行えないことと、当日シェービングにかかる時間を減らして予約の取りやすさを向上させる狙いがあるのではないでしょうか。

キレイモ側はコストダウンになりますが、以前の月額プランでは不可能だった予約変更が3日前までOKになるなど消費者側のメリットがアップしている部分もあるので、単なる改悪とは言い切れないです。

月額プランの全身脱毛6回・12回・18回の費用を比較

シェービング補助代は、毎月の脱毛料金と一緒に前払いします(クレジットカード又は銀行口座から引き落とし)。

・月額プランの毎月の支払額は…

脱毛代10,260円(税込)+シェービング補助代1,000円(税込)=11,260円(税込)
・全身脱毛は2ヶ月に1度施術可能なので、全身脱毛1回分の支払額は…

11,260円×2ヶ月分=22,520円(税込)
・全身脱毛6回・12回・18回を比較すると…

キレイモ月額プラン 脱毛料金(税込) シェービング補助代 施術料金合計(税込)
全身脱毛6回分 123,120円 12,000円 135,120円
全身脱毛12回分 246,240円 24,000円 270,240円
全身脱毛18回分 369,360円 36,000円 405,360円

なお、キレイモは以前だと1回の施術で上半身または下半身しか脱毛できなかったのですが、今は1回で全身脱毛できるようになりました。

その代わり施術は2ヶ月に1回なので、全身脱毛1回分のシェービング補助代は2,000円(税込)という計算になります。

シェービング代を払っても月額プランを選ぶ派の意見

シェービング補助代がかかるのに月額プランを選んだ人の意見としては、「他のサロンだと1か所いくらでシェービング代を設定しているところもある。

キレイモはうなじや背中、Oラインなど、自己処理が難しい箇所を全てお願いできると考えればそんなに高くないと思います」というものがありました。

他にも、次のような点を重要視している人に月額プランはおススメだと思います。

  • とりあえずキレイモの全身脱毛を試してみたい人
  • 1月単位の契約でいつでも止められる自由度が魅力に感じる人
  • スケジュールに比較的余裕がある人(予約変更とキャンセルは3日前まで)
  • 毎月必ず通えるきちっとした人(通わない月も料金がかかります)

回数パックプランはシェービング代が無料

キレイモのシェービング補助代は、回数パックプランだと無料になります。

そのため月額プランよりもパックプランのほうが人気で、初回カウンセリングでもおすすめされる感じです。キレイモとしてはまとまった金額のパックプランを契約して欲しいのでしょうね。

もちろん、消費者にとってもシェービング補助代がかからないのは魅力的です。

注意点として、他のサイトで紹介されている「パックプランは部位を問わずシェービング代無料」というサービスはもうありません。

「うなじ・背中・ヒップ・Oライン」以外は補助対象外なので、自分で事前シェービングしてくださいね。

・回数パックプランの全身脱毛6回・12回・18回を比較すると…

キレイモ回数パックプラン 脱毛料金(税込) シェービング補助代 施術料金合計(税込)
全身脱毛6回 123,120円 0円 123,120円
全身脱毛12回 246,240円 0円 246,240円
全身脱毛18回 369,360円 0円 369,360円

ちなみに、学割パックプラン通い放題プランの場合もシェービング補助代は無料です。

通い放題プランは一度無くなってまた復活したみたいで、料金は回数無制限で税込350,000円とのこと。

全身脱毛を18回以上やるなら通い放題のほうが良いです。

月額より回数パックプランを選ぶ派の意見

毎月のシェービング補助代を無料にしたい人は、ほぼ回数パックを選ぶと思います。選んだ人からは、こんな意見が。

「全身脱毛は自分でシェービングする箇所がたくさんあって大変。手の届かない箇所くらい無料でやってもらいたい」
「Oラインやヒップをサロンで剃るのは恥ずかしいけど、『家族や彼氏に頼むか、友達同士で剃り合いっこすればいい…』って言われても無理がある。
相手もおっかなびっくり剃るだろうから怖いし、そこで気を使うならプロに任せた方がラクです!」

他にも、以下に1つでも当てはまる人は、回数パックプラン向きだと思います。

  • シェービング補助代を無料にしたい人
  • 全身脱毛が終わるまできっちり取り組みたい人
  • 脱毛料金を一括で払える人
  • 予定がギリギリまで変わりやすい人(パックプランは前日まで変更とキャンセルが可能)

キレイモのシェービングはここがスゴイ!

キレイモはリネン類が清潔で、サロン内もきれいと言われていて清潔感に定評があります。

そのため全身脱毛だけでなく、衛生第一のVIO脱毛にも適したサロンと言えるでしょう。

電気シェーバーはキレイモのものを使用

キレイモのシェービング補助サービスではサロンのシェーバーを使いますが、施術中何度も消毒して、そのつどスタッフさんが「消毒しますね」と言ってくれるので安心できました。

キレイモではマイシェーバーの持ち込みは不要ですが、自分のじゃないと衛生面が不安!という人は持参した電気シェーバーで補助してもらうこともできます。

恥ずかしいVIOも配慮してくれる

スタッフさんの声かけは、痛みを和らげるのにも役立っていると聞いたことがあります。

VIOは毛が太くて痛みも恥ずかしさも心配になりますが、まめに話しかけてくれたせいか、ほとんど痛みを感じませんでした。無言でやられるより良い感じがします。

VIO施術の流れも簡単に書いておきますね。

キレイモ・VIO施術の流れ
  1. 紙ショーツに着替えて腰にタオルを巻きます。備え付けのウエットティッシュで直前ケアも可能です。
  2. その後は、シェービング→消毒→剃らないところのマスキング・ライン引き→光を照射、という段取りです。
  3. Oラインのシェービングはキレイモスタッフさんにお願いします。態勢はうつぶせで、紙ショーツをずらしながら手早く剃ってくれるのであっという間に終わります。
  4. VラインIラインを脱毛するときの態勢は仰向けです。常に顔やアンダーヘアはタオルなどでカバーされているので、スタッフさんと目が合うこともありません。こちらの恥ずかしい気持ちに配慮してくれるので意外と大丈夫でした。

不安なことはカウンセリングで確認

VIOや腰回りのセルフシェービング方法など、シェービングに関する不安なこともキレイモの無料カウンセリングで質問できます。

アドバイスをもらっておけばより安心して全身脱毛に臨めると思います。

キレイモの無料カウンセリング予約はこちら

人気脱毛サロンのシェービングサービス比較

キレイモ以外の人気サロンのシェービングサービスもチェックしておきましょう。

サロンを比較するときは、シェービング代金や範囲だけでなく、脱毛可能な場所についてもよく確認した方が良いです。

全身脱毛の専門サロンであるキレイモは、顔やVIOを含めた広範囲の脱毛ができることが大きな特徴です。

顔のムダ毛もキレイにしたい人は、迷わずキレイモをオススメします。

サロン名 全身脱毛の範囲 シェービングサービスの範囲 シェービング代 剃り残し対応
キレイモ 月額プラン 33か所(顔は7か所) 背面のうなじ・背中・ヒップ・Oライン 1月1,000円(全身脱毛1回あたり2,000円) 剃り残しを避けて脱毛
キレイモ 回数パックプラン 33か所(顔は7か所) 背面のうなじ・背中・ヒップ・Oライン 無料 剃り残しを避けて脱毛
銀座カラー 22か所(顔はなし) 襟足・背中・腰・ヒップ・Oライン 無料(顔用電気シェーバー持参) 剃り残しを避けて脱毛
脱毛ラボ 24 or 56か所(顔は3か所) 全身 VIOや顔を含むと1回1,500円、それ以外は1回1,000円 剃り残しを避けて脱毛、または有料でシェービング ※手の届かない範囲も有料
ミュゼ 18か所(顔はなし) 襟足・背中上下・ヒップ奥のみ 無料 剃り残しを避けて脱毛※脱毛自体を断られる可能性もある
C3 53か所(顔5か所) うなじ・背中・ヒップ 無料 無料でシェービング(顔とVIOは要電気シェーバー持参)※できる限り自分で剃っておかないと断られる可能性もある

基本的に、手の届く範囲を剃り残して行くと、その部分は脱毛不可となるサロンが多いです。自分で剃るぞ、という姿勢が大切なんですね。

キレイモのシェービングサービスはコスパ◎

キレイモは1回で全身を脱毛できるうえ、シェービング代金も部位ごとにかかる訳ではないので、結果的にシェービング代の負担が少なくコスパが良いです。

銀座カラーは手の届かない背面などを無料シェービングしてくれるので良さそうですが、それは通常価格のコースを契約した時のみ。

キャンペーンで契約すると有料となり、別途シェービング代が3,000円もかかってしまいます。それを考えると、キレイモの月額1,000円は安い方では?と思います。

他に、シェービング代金が割高になりやすいのは、キレイモよりも通う頻度が多くなるサロンです。

他サロンでは全身を脱毛するのに4回かかる場合もあり、脱毛回数が増えるほどシェービング代の負担も往復の交通費も大きくなるのでご注意ください。

全身脱毛前の自己処理方法とVIOのコツ

キレイモの全身脱毛プランをお得に利用するためには、なるべく剃り残さないことがポイントとなるので、コツを押さえて上手にシェービングしましょう!

自己処理は何日前がベスト? 剃り忘れを防ぐには?

キレイモのHPには、自己処理は「1、2日前までに」と書かれているのですが、最初の無料カウセリングの際は「2、3日前には処理しておいてくださいね」と言われることがあります。

どっちが良いかと言えば後者です。余裕を持たせて2、3日前から数回に分けてシェービングしたほうが、「剃り残しを防ぐ」&「肌をいたわる」ことができると思います。

剃り忘れを防ぐために、カレンダーや冷蔵庫にシェービングの予定をメモしておいたり、スマホに通知が来るようにアラームを設定したりしておきましょう。

電動シェービングの力を借りても、全身をいっぺんに剃ると疲れますし、30分から1時間近くかかることもあります。

そのため、脱毛施術を予約している日の3日前に上半身と顔をシェービングし、2日前に下半身とVIOをシェービングして、前日は、剃り残しチェックだけする位のつもりで予定を立ててみてはいかがでしょうか。

VIOを剃った後はチクチクして見た目も悪いので、VIOだけ前日にするのもアリかもしれません。

どうしても時間が取れなかった場合は、前日に一気にシェービングするしかありません。できるだけ避けたほうがいいですけど…(~~;;)。

前日や当日に慌てると深剃りしすぎて肌を傷めてしまう可能性が高く、肌の乾燥も進みます。肌の傷みや乾燥が見られると脱毛施術を断られることもあるので気をつけてください。

また、サロンの光脱毛の場合、0.5~2㎜もしくは1~2㎜くらい毛が生えていると効果が出やすいと言われていますが、ツルツルになるまで剃ると毛が皮膚の中にもぐりこんでしまいます。

他にも、自己処理でやってはいけないNG行為がいくつかあります。

1週間ほど前からは、日焼けに注意してください。日焼けすると皮膚が乾燥して敏感になりますし、色黒の肌には脱毛用の光を照射できないことがあります。

3日ほど前からムダ毛をシェービングするときは、毛抜き(ピンセット)やワックスなど、毛を根こそぎ抜くものは使わないでください。毛根が無くなって脱毛効果がゼロになります。

前日と当日は、毛穴を詰まらせないように油分の多いクリームを塗るのは避けて、肌荒れの原因になる夜更かしや深酒もしてはダメです。

自己処理に必要な道具と場所

家でシェービングする前に準備すべき道具は、以下の3種類です。

これらを持ち運び可能な収納ボックスにまとめて、洗面所などの目につくところに置いておくと便利だし剃り忘れ防止にもなりますよ。

1電気シェーバー

 T字カミソリなど手動のものはNGです。電気シェーバーは女性向けの顔剃り用とボディ用の2種類あるとベスト。

顔剃り用はフェリエというブランドが有名です。

ボディ用は、お風呂剃り(ウェット剃り)できるものがパナソニックやブラウンから販売されています。どちらも、2,000円前後から4,000円程度で購入可能です。

2大きめの置き鏡と、手鏡

 VIOや顔を剃る時は両手を使うので、A4サイズ位の置き鏡は必須です。手鏡は、腰周りや背中など見えにくい場所のチェックに使います。

3保湿ローション

自己処理後の肌は必ず保湿してください。アルコール分が入っていない敏感肌用などの優しいものがベストで、クリームより軽いローションや乳液タイプがおすすめです。

シェービングを行う場所は、普段はお風呂場の人が多いと思います。

腕・足・両脇下など慣れている場所はお風呂場でも良いですが、VIOや顔、ふくらはぎなどの皮膚が柔らかい箇所は濡れた状態だと剃り残しが多くなるので、よく乾かしてから脱衣所や部屋で剃りましょう。

VIOなど場所別の自己処理のコツ

キレイモでは「うなじ・背中・ヒップ・Oライン」はシェービング補助範囲に含まれるので、剃り残しで問題になるのはそれ以外の箇所です。

特に腕の付け根や肩付近、二の腕やふくらはぎの裏側は、手が届くのに剃り残しやすい場所なのでしっかりチェックしてくださいね。

チェックは明るめの室内で行い、スタンド式の鏡と手鏡を合わせ鏡にして、複数回見るのがポイントです。

VラインとIラインをキレイに剃る方法

まずは安全を確保するため、施錠とカーテン閉めをしっかりやりましょう。これは結構大事です。

VラインとIラインを剃るときは、体育座りをして足を広げ、前に鏡を置きます。

Iラインは乾かした後、片手にフェイス用の電気シェーバーを握り、もう片方の手で皮膚を平らに伸ばしながら剃ります。

粘膜ギリギリまで脱毛可能なので、傷つけないように注意しながらシェービングしてください。

Vラインについては「全剃りするの?」という疑問が湧きますが、「全体の毛量を減らしたい人は、脱毛1回目、2回目までは全剃り」します。

もともと毛が細くて薄い人や3回目以降は、「なりたい形を決めて、脱毛したい部分だけをシェービング」します。このとき、境目には脱毛用の光が当たりにくいので、毛を無くしたい部分よりもやや広めにシェービングしておくのがコツです。

顔剃りは細い毛まできちんと処理する

キレイモの顔脱毛は7か所が対象で、イチゴ鼻に生えてきた黒い毛も処理できるし、もみあげのデザインも可能です。

他のサロンよりも広範囲のお手入れができる代わりに、脱毛前は一見分からないような細くて長い毛まできちんと剃りましょう。

顔剃りすると「毛が濃くなってしまうのでは?」と思うかもしれませんが、キレイモの全身脱毛はだいたい2、3ヶ月に1回の頻度で通いますから、そのときだけ剃れば良いのです。

フェイス用シェーバーはコンパクトなので、念のため脱毛当日も持参すると、1、2本の剃り忘れなら前室でパパッと処理できますよ。

うなじのシェービングは自分でやらない!

キレイモの全身脱毛には、うなじも含まれています。うなじはシェービング補助範囲なのでそもそも自己処理は不要です。

むしろ自分で剃らないほうが良く、キレイモで形を相談しながら進めることをおすすめします。ipadで撮影したものを見せてもらいながら希望のデザインにできるので、すごく良いですよ。

キレイモのシェービングQ&A

キレイモの全身脱毛前のシェービングサービスに関するよくあるQ&Aをピックアップしました。

VIOのシェービングサービスはどうなっているの?
キレイモではOラインのみシェービング補助してくれます。VラインとIラインは前もって自己処理が必要です。
うなじ・背中・腰・Oラインなどシェービングしづらい箇所はやってもらえるの?
店舗でシェービング補助をするのは「背面のうなじ・背中・ヒップ・Oライン」のみです。それ以外の箇所は基本的に事前シェービングをお願いされます。
キレイモの全身脱毛前に全く自己処理をしていかなかったらどうなるの?施術できないの?
キレイモに質問すると、「剃り残しがある箇所は施術いたしかねております」との答えが返ってきます。料金はかかってしまうので、自己処理はできる限りやりましょう。
剃り残しは施術できない
キレイモの学割の場合、シェービングサービスは有料?無料?
キレイモの学割プランは、シェービングサービス補助代が無料となります。補助の範囲は「背面のうなじ(襟足)・背中・ヒップ・Oライン」です。

キレイモのシェービングサービスまとめ

キレイモのシェービングサービスはどこまで有料?無料?と思って調べたら、以前と範囲や料金が変わっていてびっくりしました。

でも、手の届かない範囲のムダ毛はシェービング補助してもらえますし、パックプランや通い放題プランはシェービング料金が無料です。

キレイモで全身脱毛を最後までやり遂げたい人には依然としてキレイモを選ぶメリットは大きいと言えます。

一方、月額プランはシェービング補助代が毎月1,000円かかりますが、以前は不可能だった予約のキャンセルや変更ができるようになったので、前よりも利用しやすくなりました。

どのプランを選ぶとしても、自分でできる範囲は自己処理することが大切になりますので、今回紹介したコツなどを参考にしていただければ幸いです。

キレイモのキャンペーン情報【2019年1月】

無料カウンセリング対象者に「ハンド脱毛無料体験キャンペーン」実施中!

全身33か所スリムアップ脱毛が初月分無料となるキャンペーン実施中!

◆期間:2018年9月1日~9月24日
パック契約でご契約の方に抽選で、1等:2名様にNY旅行、2等:5名様に「ビューティー家電」をプレゼント!3等:その他全員に、キレイモ全身脱毛パックプラン10,000円OFF

 
ページのトップへ
ページのトップへ